100歳まで幸せに生きるために「受けない方がいいかもしれない手術」

一度立ち止まって考えることも必要
週刊現代 プロフィール

目が見えなくなってしまえば、もちろん歩くことはおろか、外出も難しくなってくる。眼のレンズにあたる水晶体が白く濁り、ものが多重に見えたり、ぼやけて見えたりする白内障。

70歳以上の90%が罹患していると言われており、手術による治療はいまや一般的なものになっている。しかし、メスを入れる以上、そこには危険が伴う。

「研修病院での初心者の手術には特に注意が必要です。リスクとしてもっとも考えられるのが、水晶体を取り除き、人工レンズを入れるときに、レンズを支える水晶体の後ろの膜が破れ、眼球の中の硝子体が流れ出してしまうこと。

最悪、失明することもありえます。上級者なら比較的安全な手術ですが、施設によっては、万が一のリスクは認識しておいたほうがいいでしょう」(深作眼科院長・深作秀春氏)

Photo by iStock

さらに白内障の手術はより重い病気の原因となることもある。

「白内障手術を受けた眼の加齢黄斑変性の発症率は1.7~3.8倍に増加することがわかっています。

白内障手術時の顕微鏡による光障害、白内障を除去したことによる青色光障害などが原因として考えられます。対策としては、光対策をした眼内レンズや外出時のサングラスが有効です」(深作氏)

 

加齢黄斑変性とは、眼の網膜にある黄斑(明るいところでの視力や色の識別を行う細胞が集まっている部分)に異常が現れる病気で、視野の中心部分が暗くなる、あるいは中心が歪んで見えるのが特徴だ。

欧米では成人の失明原因の1位になっている病気で、日本ではこれまで診断ができず、あまり認識されていなかったが、近年診断患者数が急増しており、失明原因の4位になっている。

またこの加齢黄斑変性のPDT(光線光療法)手術は完治が期待できないわりにリスクが伴う。

「強い出力のレーザー光線で病変だけを凝固し破壊するはずが、正常細胞も障害されることが多く、著しい視力低下につながり、世界的にも行われなくなりつつあります」(深作氏)

さらに白内障より手術の難易度が高いのが緑内障手術だ。

「緑内障は、眼球の眼圧が高まり視神経を圧迫することで視野障害が起こると考えられています。薬で正常眼圧となっても視野障害が進行すれば、早急に手術が必要です。

ただし手術は非常に繊細なので、数万例以上の経験のある上級眼科外科医に依頼すべきです」(深作氏)