Photo by Getty Images

微生物が10分の1に減って「野菜は健康に悪くなった」かもしれない

痩せて農薬漬けになった農地を治す法

「野菜って健康に良いと思いますよね。でも、それは昔の話。今の日本の野菜は、食べ過ぎるとかえって健康に悪影響を与えるかもしれませんよ」

取材は、そんなショッキングな話から始まった。

日本の「農地」が100年前と大きく変わってしまったのが「野菜の栄養不足」を招いてしまったのだという。

農地を微生物で改良する研究を実用化させた立命館大学生命科学部
久保幹教授へのインタビューをお届けする。

(立命館大学理系スペシャルサイト「TANQ」より転載)

「日本の野菜は栄養不足」って本当?

この100年で日本農業は何が変わったのだろうか。久保教授は語る。

「約100年前までは、日本の農家はどこも微生物がいっぱいいる農地で野菜や米を作っていたのです」

土壌の中にいる微生物は、牛肥や鶏糞、大豆を搾った油かすなどの有機物を分解して、リンや窒素などの無機物に変えた。植物はその無機物を吸収し、光合成を行うことで成長することができた。

農地

「その自然に合致した農業のサイクルを大きく変えたのが、約100年前に登場した化学肥料です。

化学的に合成したリンや窒素を農地に撒けば、微生物が必要ありません。植物の成長スピードを大幅に早められるのです」

化学肥料と害虫を駆除する農薬を組み合わせた化学農法は、それまでに比べて土地面積当たり何倍もの収穫を農家にもたらした。

化学農法はその圧倒的な効率の良さから世界中に広まり、日本でもこの50年間で全国の農家が取り入れた。

「ところがその結果、日本中の農地から微生物が激減することになりました。有機物というエサがなくなったことによって、土中1センチ立法あたり数億匹もいた微生物が、場所によっては10分の1以下に減ってしまったのです」

久保幹微生物の働きを解説する久保先生

微生物がいなくなった土は白っぽく固くなり、保水性も悪くなって痩せていく。痩せた土地にさらに化学肥料を与え続けることで、農地にもともとあった「地力」はどんどん衰えていった。

その結果、化学肥料を与え始めた当初は大きく伸びた収量も、年を追うごとに減っており、その減少量を補うため、「現在の日本の農地では平均してアメリカの2倍、ロシアの10倍以上もの化学肥料を使用している」と久保先生は言う。

農法の違い

「問題は収量の減少以上に、野菜の栄養分が少なくなったことです。化学肥料は基本的に窒素とリンとカリウムで構成され、微生物が作るビタミンや鉄分、カルシウムなどの微量元素を含んでいません。そのためできた野菜は『栄養失調』となり、味も美味しくなくなってしまうのです」

そう言って久保先生は、2つのトマトの写真を見せてくれた。