# デビットカード # キャッシュレス # クレジットカード

クレカ、デビットカード、電子マネー、「貯まる人」は賢くこう使う!

やればやるほど得をするから
深田 晶恵 プロフィール

クレカ、デビットカード、電子マネーの特徴&注意点

以下、それぞれのキャッシュレス決済についてその特徴とポイントを押さえておきましょう。

クレジットカード

まず、誰でも数枚持っている「クレジットカード」は、使った月以降に一括で「後払い」です。

利用可能額はカード会社の個別審査により決まりますが、最低でも50万円程度あるので、買い物し過ぎると口座残高以上の支払いになってしまうことも・・・。「後払い」は、支払いが済むまでは借金とも言えますから、セルフコントロールが必要です。

デビットカード

数年前から普及が進んでいるのは「デビットカード」。こちらは、銀行の預金残高の範囲内での即時払いで、使ったその場で口座から引き落としされます。口座の残高を一定額にしておけば、大きく使い過ぎるリスクは少ないでしょう。「お財布感覚」のカードといえます。

デビットカードは、銀行がVISAやJCBといった国際ブランドカードと提携して発行しているので、預金のある銀行で発行されます。

電子マネー

Suicaなど交通系の電子マネーや、WAONやnanacoなど流通系の電子マネーは、ピッとカードをかざすだけで支払いが完了するので、とても便利。

後払いもありますが、現在の主流は「プリペイド型」です。つまり、チャージした金額の範囲内で利用可能です。コンビニでの買い物は、現金ではなく電子マネーで支払っている人は多いでしょう。

 

お金が「貯まる人」は、たくさんのカードを持たない

マネーセンスが一流でお金が「貯まる人」は、持っているカードの枚数は少なく、目的に応じて上手に使い分けているのが特徴です。

クレジットカードなら、2枚。1枚だと、支払い先のお店が取り扱っていないこともあるので、VISAとマスターなど異なる国際ブランドを組み合わせて2枚持つのがいいでしょう。2枚持ったとしてもメインカードは決めておき、1枚はサブの位置づけにしておくと、利用明細をもとに家計管理がしやすくなります。

一方、マネーセンスが「三流」の人は、ポイントや割引目的で行くお店ごとにクレジットカードを作ってしまいます

〔photo〕iStock

百貨店、スーパー、ファッションビルなどが発行する流通系のクレジットカードは、定期的にポイントアップや割引キャンペーンがあります。女性はそれを目的に、買い物の際に勧められるままに複数のカードを作ってしまいがち。

ポイントアップも会員向け割引も、お金を使うことで受けられる特典であることを忘れずに。キャンペーンのお知らせが来て、結果的に買い物し過ぎてしまうことも・・・。お金が貯まらない道に進むことになります。

ポイントは、お店ごとのクレジットカードを使うよりも、1枚に絞るほうが効率的に貯まるのですよ。

それに流通系カードは、初年度は年会費無料ですが、翌年以降は有料のケースがほとんどです。女性雑誌の読者のお財布チェックをしたときのこと。あるアラサー読者のお財布からは、クレジットカードが10枚でてきました。年会費は1000円~1500円くらいだったので、合計で年1万数千円! 彼女は、指摘するまで年会費貧乏になっていることに気がつかなかったようです。残念ですが、マネーセンスは「三流」です。