〔photo〕iStock
# キャッシュレス # 電子マネー # デビットカード

クレカ、デビットカード、電子マネー、「貯まる人」は賢くこう使う!

やればやるほど得をするから

キャッシュレス時代のタイプ別「使いこなし術」

今年に入ってから、新聞・雑誌やネット記事で「キャッシュレス」という見出しを頻繁にみかけるようになりました。

〔photo〕iStock

キャッシュレスとは、文字通り現金以外で代金を支払うこと。従来のクレジットカード以外にも、デビットカードの普及も進み、さらに交通系ICカードなどの電子マネーも身近な決済方法になっています。

急速に種類が増えている「キャッシュレス決済」、どれがおトクで、どう使い分けるといいのか気になっている人も多いことでしょう。

そんなキャッシュレス決済の「使いこなし術」の本題に入る前に、なぜ最近キャッシュレスが話題に上ることが多いのか背景を見てみます。

「各国のキャッシュレス決済比率の状況」という興味深いレポートがあります(経済産業省・2015年)。それによると、トップは韓国で89.1%、2位は中国の60%、3位がカナダ55.4%です。アメリカは45%で第6位。アメリカよりも韓国、中国が「キャッシュレス先進国」とは、ちょっと意外ですね。それにしても韓国の約9割は、すごい普及率です。

それに比べ、日本は18.4%(10位)と他国によりも格段に低い現状です。政府は、外国人観光客の消費促進のため、クレジットカードなどの電子決済を中心としたキャッシュレス化推進に力を入れはじめています。

特に、消費増税対策には注目。日本政府は、消費税率が10%になる2019年10月以降の1年程度、中小規模の店舗などでキャッシュレス決済を利用した場合、2%分のポイント還元を導入することを検討しています。

そもそも、韓国のキャッシュレス決済比率が約9割にもなったのは、国の政策によるもの。キャッシュレス決済をした金額の20%(年30万円が上限)を所得控除の対象とした時期があります。つまり、カード払いをすると減税になるということで、こうした政策により世界一のキャッシュレス大国になったのです。

キャッシュレス決済が普及すると紙幣や硬貨の製造が減るので、国にとってはコスト削減になるメリットもあります。

ですから、今後は日本でも次々と新しい決済方法が次々出てくる可能性大。選択肢が増えると、ますます「どれを使うのがいい?」と迷ってしまいますね。

たくさんあるキャッシュレスカードを、ポイントの多寡などおトク度で選ぶやり方もありますが、実はもっと大切なことがあります。

それはお金が「貯まる人」になるための助けになるかどうか。

カード類は、家計管理のしやすさの面を重視して、選び、使いこなしていくとマネーセンスがアップするのです。

キャッシュレス決済の場面が増えても、それに振り回されないためのコツを見ていきます。

 

クレカ、デビットカード、電子マネーを比較する!

では、キャッシュレス決済の種類を「支払い方法」別に整理してみましょう。