日本国破綻に備える、とってもカンタンな方法

アベノミクスが失敗しても大丈夫!

崖っぷちの狭い道

そうはいっても、このまま将来もずっと安泰かどうかはわかりません。

超高齢社会で1000兆円を超える日本国の借金はこれからも増えつづけ、社会保障費が膨れ上がっていくにもかかわらずこれまで消費税増税は先延ばしされ、増税してもその財源は借金返済に使わないというのですから、今後もずっと日本国債への高い信頼が維持できると考える(まともな)経済学者はほとんどいないでしょう。

これについては、「国債の金利が低いことが、世界じゅうが日本国債を信任し、財政破綻など起こるはずがないことの証明だ」というひとがいますが、この議論は因果関係が正しいかどうか証明できていません。日銀総裁が財政健全化を促し、安倍政権が消費税を上げようとしているからこそ、かろうじて日本国債の信認が保たれているかもしれないからです。

 

どちらが正しいかは、「財政破綻なんてフェイクニュースだ。どんどん借金を膨らませて国民にお金を配りまくればいいんだ」という「反緊縮」のポピュリズム政権が登場すれば明らかになるでしょう。

現実に、「金融緩和に効果がないなら政府債務をさらに拡大して無理矢理インフレにしろ」という、マッドサイエンティストのような主張をする学者も出てきました。私たちはいまだに、いつ日本国の財政が行き詰まり、国債が暴落し急速な円安が進むかわからない崖っぷちの狭い道をおそるおそる歩んでいるのです。

photo by iStock

とはいえ私は、「なにがなんでも財政健全化しろ」といっているわけではありません。

国家破産は多くの国民に甚大な被害をもたらしますから、そんなことは起こらないほうがいいに決まっていますが、仮に日本の財政が破綻してハイパーインフレが起き、日本円が紙くずになるような最悪の事態が起きても、私個人はたいして困りません。それは、日本円のリスクや、日本の金融機関が破綻して「預金封鎖」が起こるリスクをヘッジしているからです。それも、とてもかんたんな方法で。

もし日本国の財政が破綻する「破滅シナリオ」が現実のものになったとしたら、私たちはいったいどうすればいいのでしょうか。