Photo by iStock

切符の料金がわからない…「世界一」の日本の電車、実は使いにくい?

五輪もあるのに、これじゃ難しすぎる

ドイツ在住のライター、雨宮紫苑さんは、毎年日本に帰国し、「いま」の日本を外から内から見て実感、そこで感じたことを『ドイツ人と日本人 比べてみたらどっちもどっち』という一冊にもまとめている。

2020年に東京五輪が開催されることとなり、2年後にむけて日本の長所を海外にアピールすべきタイミングだが、「日本の長所と言われているところ、これでいいのか?」と思うところが多々あると雨宮さんは言う。日本の「おもてなし」や「サービス」については2回に渡ってお伝えしたが、今回は世界一との誉れ高き「日本の電車」についての「これでいいのか?」。雨宮さんは日本の電車は改善しないと外国人には使うハードルが高すぎると言う。それはどういう意味なのか。

 

日本人の私が駅の中で迷子

「なん……だと……?」

都営大江戸線の牛込神楽坂で電車に乗り、帰宅する途中のときのこと。わたしは、都営浅草線蔵前駅にいた。

京浜急行線沿線に住んでいるので、都内から家に帰るときは、京急線に乗り入れている都営浅草線を使うことが多い。さて、どこで大江戸線から浅草線に乗り換えようか。東京タワーがある大門で乗り換えてもいいが、そうすると、うんざりするほど長い地下道を歩かなくてはいけない。せっかくならいつもとちがう駅で乗り換えようと、浅草のひとつ手前、蔵前駅で降りてみた。

ホームから何度かエスカレーターを乗り継いでやっと見つけた改札を通り、『都営浅草線蔵前駅』方面の出口をめざして地下道を進む。ふたたび何度かエスカレーターに乗り、やっと地上に出た。これだけでもう、電車を降りてから5分くらい経っている。

地上にあった案内に従って右手に歩き出すと、少しし看板が見えた。

『都営浅草線蔵前駅 250メートル』

そして、冒頭のセリフがこぼれるわけである。5分歩いてさらに250メートルって、もはやちがう駅じゃないか……

ズンズンと夜道を歩き続けると、やっと浅草線蔵前駅が視界に入ってきた。しかし品川・横浜方面へ行きたくば、成田空港方面のホームを突っ切って、また一度上へあがって方向転換しなくてはいけないらしい。

なんだよもう、なんの恨みがあるんだよう……。

力尽きたわたしはそのまま成田空港方面の電車で一駅戻り、おとなりの浅草駅で浅草線に乗り換えた。なんという骨折り損。ほろ酔い気分も台無しである。

5分歩いた上で「250m」というのは、「徒歩9分」くらいのもの。近い駅なら歩けるかも Photo by iStock

「日本の電車」の素晴らしさとは

こういった乗り換えトラブルや駅の出口、改札まちがいというのは、都内の電車ユーザーならばだれしもが経験したことがあるだろう。関西なら、梅田駅と大阪駅あたりが有名なトラップゾーンだ。

しかしその一方で、「日本の鉄道事情はすばらしい」と言う人もいる。理由としては、定時運航率が世界トップレベルであること、乗客がきれいに整列乗車をしていること、駅や車内が清潔であることなどが挙げられる。

なるほど、わたしが住んでいるドイツを引き合いに出して考えれば、たしかにそのとおりだ。ドイツの鉄道事情は、控えめに言っても「ひどい」。時間通りには来ないし、停車位置も適当だし、運休もザラ。発着ホームが変わることもしょっちゅう、線路の上で立ち往生も日常茶飯事。そう考えればたしかに日本の電車は、それはもうめちゃくちゃ便利である。間違いない。

しかし残念ながら、それはあくまで玄人向けの便利さであり、そこにわかりやすさがないのもまた事実である。