幸徳秋水の死を受けて、石川啄木が綴った日記の「中身」

大衆は神である(24)

ノンフィクション作家・魚住昭氏が極秘資料をひもとき、講談社創業者・野間清治の波乱の人生と、日本の出版業界の黎明を描き出す大河連載「大衆は神である」。

先週から始まった第三章では、「政治的発言」に対する抑制が強まるなかで起こった「大逆事件」で逮捕された者たちが次々に死刑にされる様が描かれた。弁論雑誌『雄弁』を創刊したばかりの清治の目には、「大逆事件」はどう映ったのだろうか。

 

第三章 大逆事件と『雄弁』、そして『講談倶楽部』―十二人の死 (2)

裁判記録を読む啄木

〈死刑囚死骸引渡し、それから落合の火葬場の事が新聞に載つた。内山愚童の弟が火葬場で金槌を以て棺を叩き割つた──その事が劇しく心を衝いた〉

石川啄木の日記にはそう記されている。

幸徳秋水らが火葬された25日夜、啄木は大逆事件の弁護人の1人で、歌人仲間でもある平出(ひらいで)修の自宅を訪ね、秋水や管野スガらの獄中書簡を借り出した。同時に、翌日裁判所へ返すことになっていた特別裁判記録を1日延してもらって、翌晩内密に見せてもらう約束をして帰宅した。

翌26日付の啄木日記。

〈社からかへるとすぐ、前夜の約を履んで平出君宅に行き、特別裁判一件書類をよんだ。七千枚十七冊、一冊の厚さ約二寸乃至三寸づゝ。十二時までかゝつて漸く初二冊とそれから管野すがの分だけ方々拾ひよみした。

頭の中を底から搔き乱されたやうな気持で帰つた〉

大逆事件で日本の社会主義・無政府主義運動は徹底的に弾圧された。政府は危険思想を撲滅するために、ありとあらゆる手を尽くした。

幸徳らを知っていたり、文通のあったりした者、熱心な社会主義者と思われていた者のほとんどすべてが、あるいは召喚され、あるいは家宅捜索され、あるいは拘引された。

ある学生は家宅捜索を受けた際に、その日記のただ1ヵ所に不敬にわたる文字があったというだけで数ヵ月間監獄に入れられた。

社会主義に関する著述は数年前の発行のものまで遡ってすべて発売を禁止された。そのあおりを食らって「社会」と名の付くものはことごとく不敬視され、「昆虫社会」という題名の本まで発禁処分となった。

新聞は犯人不詳の強盗事件や殺人事件などが起きるたびに、決まり文句のように「いずれは社会主義者か(朝)鮮人か、はたまた不逞の輩の仕業か」と書くようになった。

啄木も事件発覚当初は、こうした世の風潮と無縁ではなかった。大逆事件を「不逞のやからの不逞の計画」と難じ、秋水らの行動を「常識を失ひたる狂暴の沙汰たり」と厳しく批判していた。

ところが、平出修を通じて秘密裁判の模様を聞き、「特別裁判一件書類」を読むに及んで、啄木の思想はドラスティックな転回を遂げた。