Photo by iStock

科学研究への投資が「ムダ」であるべき理由

日本人が失いつつある「大切なこと」

生命の「根源的ジレンマ」

知る人ぞ知るという感じの進化論に、「不均衡進化論」という説がある。これは1992年に日本人の古澤満が発表した興味深い仮説である。DNAは2本の鎖から成り立っており、複製が起こると、それぞれの鎖から二つの子孫DNAが生まれてくる(下図)。

不均衡進化論の肝となる主張は、この二つの子孫DNAでは遺伝子の変異率が異なっており、親の片側のDNA鎖からできた子孫DNAは親とそっくりの遺伝子配列のまま生まれてくるが、もう片側のDNA鎖から生まれる子孫DNAは変異が多く、親とずいぶん違った遺伝子配列を持つような仕組みになっているという説である。

生物の持つジレンマに「変わること」と「変わらないこと」の両立がある。生き物は基本的に自分とよく似た子供を作る。それは種の存続に欠かせない性質であるが、一方、猿から人類が進化してきたり、環境に対応した変種が現れるような変化を生み出すことも、また生命に欠かせない特徴である。

生物は、今のシステムを維持できないと存続できないし、一方、そのシステムを変化させなければ、環境の変化に対応できず、進化も起こらない。「変わるべきか、変わらざるべきか」、これは生命が持つ根源的なジレンマである。

不均衡進化論の素晴らしいところは、この生命の持つ根源的な矛盾の解決手段が、生命の源であるDNAの複製機構に備わっていると説いている点である。つまりDNAの一方の鎖からは現状を維持する親とそっくりな子孫が生まれ、もう一方の鎖からは変化に富み進化を担う子供が生まれてくる。

たとえ、変化した子供が、システムの維持に耐えないような異端児であっても、もう一方が現状維持を担ってくれるから心配ない。もし、変化した子供の方が素晴らしい性質を持っていれば、今度はその変化した性質を維持すればよいし、一方ではその素晴らしい性質をベースに、さらに変異した子孫を作る試みも可能になる。

生命というシステムは、現状を確実に維持しながら、変化の可能性を探る巧妙さを合わせ持つことが、まさにそのDNAに刻まれているというわけである。

「ムダ」が生み出す生命の強靭性

生物に変化をもたらす遺伝子の変異は、基本的にランダムに起こると考えられている。たとえば、羽を持つようにとか、首が長くなるようにといった特定の方向性を持って遺伝子が変わっていくのではなく、ランダムな変異の中で、たまたま有用なものが出てくれば、それが生き残るというのが、現代の進化学が教える所である。

 

なんだか、ずいぶんと効率が悪い方法のようにも思える。しかし、「生命」がこの地球上に誕生してから40億年とも言われているが、その途方もない時間、途切れることなく続いてきたのは、極論すれば変異がランダムに起きてきたからなのだと、私は思っている。

たとえば、生命が海底の熱水噴出孔で誕生したと仮定しよう。そこから進化がスタートすることになるが、進化というのだから、その環境にあるエネルギーや資源を効率よく利用し、より早く増殖できる、そういったことが起こっていくのだろう。そして、より効率よく、無駄を削って、その環境に適応し、競争に勝ったものが生き残っていく。それは確かに素晴らしい進化である。

しかし、その結果、生まれてくるのは、熱水噴出孔にあるエネルギーと資源に頼りっきりの生き物となる。なぜなら、その環境で必要なものを生み出し、それ以外の無駄は削り落として、最適化されるということは、他の環境には不適になるということと、ほぼ同義であるからだ。

このような単純な適者生存的戦略を採っていたなら、生命は簡単に途絶えてしまう。それは、環境は変化するのが常であり、依存している環境が失われれば、それに最適化されたものは、容易に全滅してしまうからである。

だから、生命の継続を可能とした戦略の本質は、通常イメージされている、適応的な進化のような一方向を向いたものではない。本当に大切なことは、実はその環境下で生きることには何の役にも立たない、「無駄」な変異をランダムに起こし続け、それを許容することなのである。

単純な話ではあるが、他の環境で有利に働く変異は、現環境では基本的に「無駄」なのだ。それを許容して生み出し続けることが、現状とは違う環境で生存できる新しい生き物を生み出し、簡単には全滅しない強靭性を生命に与える。「無駄」を生み出し、許容すること、それが生命の持つ優れた特性である。