Photo by iStock
# 金庫 # 貯蓄

資産2億の元自衛官が金庫に「2000枚の100円玉」を仕込むわけ

泥棒からあの手この手で資産を守る
高校卒業後、海上自衛隊で28年間勤務。その間、1分1秒もムダにしない精神で「資産2億円」を築き、46歳でアーリーリタイアを果たした男がいる。『高卒自衛官が実現した40代で資産2億円をつくる方法』の著者、生方正氏だ。生方氏は、「まさか」のときに備えて自宅の金庫にある工夫を仕掛けているそう。元自衛官だからこそ思いついた、この鉄壁のセキュリティについて、具体的に教えてもらった。

大事な「金庫」を盗まれない工夫

私が自衛隊に勤務し始めた頃は、保有資産も少なく、あるのは銀行に預けた預金程度でした。そのため、「お金は銀行に預けていれば、自宅が火事に遭って通帳が燃えたとしても再発行をしてもらえる。わざわざ金庫なんて持つ必要がない」と思っていました。

Photo by iStock

しかし、所有不動産が増えるにつれ、権利書や保証書、生命保険等の保険証券など、燃えたら困るもの、また、金の延べ板や銀貨、結婚式やお祝い用に使う新券のストックなどが増えていきました。このように保有する資産の種類が増えるにつれて気づいたのが、災害や盗難から守ってくれる金庫があると安心ということです。

金庫は容量が多ければ金庫自体の重量が重くなり、万が一泥棒に入られても持ち出しづらくなります。しかし、それに伴い、金庫本体の値段も高くなるばかりか、床に負担がかかるので、建物の強度に問題がないかなど、購入するうえで色々と考える必要があります。

結局、私は金庫を買うにあたり、容量20リットル、重量約30キロ、価格は3万円前後の物を選びました。

飛び切り丈夫な金庫を選ばなくても、集合住宅に住んでいるので、その場で金庫を破壊されたら、相当大きな音が発生するはず。であれば泥棒も隣近所に知られるリスクを取らないはずだと判断したからです。

 

次に考えたのは、侵入した泥棒が金庫をそのまま運び出すことです。

体を鍛えている人物であれば、30キロの物を移動させることは難しくありません。

私も現役時代には、週4回の頻度でジムに通っていました。床に置いたバーベルを上げるデッドリフトという種目では165キロまで上げることができました、バランスの取れていない持ちづらい金庫であっても30キロであれば動かすことは十分可能です。

これに対抗するために、100円硬貨50枚の束を40本=2000枚、金庫に敷き詰めることで、4.8グラム×50枚×40本=9.6キロの内容物で金庫自体を重くしました。

また、金庫扉のダイヤル部を変更するための内扉をドライバーで開けて、そこにある空間に50枚の束を一つ追加することで、さらに240グラム重くしました。

金庫内には権利書など、書類がビッシリと敷き詰められているうえ、銀貨が100枚程バランスの悪い配置で入れられています。