あえて言おう!「水墨画」こそが最高の趣味であると!

1分動画でわかる奥深い水墨画の世界
からだとこころ編集部 プロフィール

「干支」で個性と感性を見せよう!

毎年の年賀状の準備といえば一大仕事ですよね。

あわててコンビニで買ってきた年賀状で済ませている人も多いんじゃないでしょうか。年賀状書きを「単なる作業」にしてしまうのは、あまりにもったいない!

ここはぜひ、心を込めて直筆で!

そう、水墨画でいきましょう!

【写真】水墨画作品 干支 猪
  『干支 猪』 矢形嵐酔

なんともいえぬ温かみある絵ですね。

【写真】水墨画作例 干支3作
  左上『干支 子』、左下『干支 巳』、右『干支 猿』 矢形嵐酔

どうやって描くのか? それはコチラを読めばわかります。

初心者にもわかりやすい! ポイントおさえて必ず楽しく描ける水墨画本をご紹介します。

  初めての水墨画  
楽しく描ける基本とコツ

【書影】初めての水墨画

著:矢形 嵐酔

 書籍詳細はこちら 

 Amazonはこちら 

【憧れの水墨画をこの一冊から始めよう!】

必要な道具は少なく、誰もが慣れ親しんだ書道の延長線上にあって、挑戦しやすい水墨画。写真付きでひとつずつプロセスを追いながら描き方のコツを丁寧に解説した、初心者に向けた解説書です! 今年の年賀状には、素敵な水墨画を添えてみてはいかがですか。

基本の調墨・運筆**のポイントから、様々なモチーフの具体的な描き方まで完全網羅。さらに独学ではつまずきやすい部分も逐一丁寧にフォローしております。先生の豊富な指導経験が存分に盛り込まれております。

* 調墨(ちょうぼく)…1枚の絵の中で「安定した墨色を出す」ため「墨色の基準色」を作ること。 

** 運筆(うんぴつ)…文字や絵をかくときの筆の動かし方。

【写真】作画の過程ページ
  作画工程の説明 『初めての水墨画』より

矢形嵐酔先生曰く「水墨画はシンプルなだけ、その人の個性がハッキリと出て大変面白いですよ」

また「本書で紹介いたしました技法を参考に描いていただきますと、どなた様でも必ず描けるようになりますよ」との心強いお言葉が!

今回ご紹介させていただいた十二支から、本格的な「ザ・水墨画」まで、あなたが思わず描きたくなるような絵がきっと見つかりますよ。

【写真】矢形嵐酔作品から
  矢形嵐酔作品から。左『秋香豊実』、右上『茶客楽人』。右下は『雨に咲く花』(『初めての水墨画』より)

始めるなら今しかない!

今年の年賀状は「水墨画」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

一部始終を完全収録!矢形嵐酔先生の美技をご堪能ください!