10月26日 原子力の日

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

1963年のこの日、茨城県東海村の日本原子力研究所東海研究所の動力試験炉(JPDR:Japan Power Demonstration Reactor)で、日本初の原子力による発電(出力2400kW)に成功。日本は世界で11番目の原発保有国となりました。

10月26日は日本が国連の国際原子力機関への加盟を決定した日(1956年)でもあり、これらの出来事を記念してこの日を「原子力の日」とすることが1964年に閣議決定されました。

なお、JPDR原子炉は1976年に運転を終了し、1986年から1996年にかけて解体されています。これは現在までのところ、日本で唯一廃炉作業が完了した原子炉です。これから増えるであろう原子炉の廃炉が問題なく進められていくのか、しっかりと見つめていく必要があります。

 もっと知りたい! 関連書籍はこちら 

日本の原子力施設全データ 完全改訂版

原子炉全54基+関連施設を網羅した「読むデータブック」。3・11後の情報を付け加えた増補改訂版です。