Photo by iStock

検査を受けなくとも、問題なく長生きする人たちのフシギ

見つけないほうがいいものもある?

検査しても寿命は延びない

早稲田大学名誉教授で、生物学者の池田清彦氏が語る。

「私は71歳ですが、これまでにがん検診を受けたこともないし、健康診断も'04年に受けただけです。

大学からは毎年受けるように散々言われましたが、自分なりに色々と調べて、検査には意味がないと思い、受けませんでした。結果的に、元気に生きているから問題ありませんね」

医者の多くは「がんは早期発見が大切。だからもっと検査を積極的に受けましょう」と口を酸っぱくして言う。

だが、検診によりがんを見つけることが、すべての人の寿命の延長につながるとは限らない――。

「検査でがんが見つかると、医師から『治療しなければあと何年しか生きられない』と言われますが、治療しなければどのくらい寿命が持つのか、根拠のあるデータは存在しません」(池田氏)

事実、世の中には検査を受けずとも、問題なく長生きしている人がいる。

'90年代、長寿の双子姉妹として国民的人気者となった「きんさんぎんさん」は、晩年までとくに検査を受けていなかったが、100歳を過ぎても元気だった。

ギネスブックに世界最長寿人物として取り上げられた泉重千代さんも、検査とは無縁の人生だった。

そもそも戦後まもなくは、現在ほど医療技術も発達しておらず、「未然に検査を受ける」という発想すらなかった。

 

「本来、検査なんか受けないのが人間の自然な姿であり、検査を受けるから寿命を縮めるんです」と語るのは、元慶應大学病院放射線科の医師である近藤誠氏だ。

近藤氏といえば、「がんは放置しなさい」「日本の医者は死なないがん=『がんもどき』を手術している」といった過激な発言で、医療界から目の敵とされている人物でもある。

だがその一方で、医師や患者のなかには彼の意見について「一理ある」と認めている人もいる。実際、同氏は現在「近藤誠がん研究所」の所長として、多くの患者からセカンドオピニオンの相談を受けている。

「健康な高齢者に見つかるがんは、多少例外はありますが、ほとんどが『おとなしいがん』です。つまり自覚症状のないがんです。それを検査で無理やり見つけて、手術しているのが現在の医療です。

たとえ1cm以下のがんであっても、がん細胞は血液中に流れ出ています。そこでメスを入れれば、当然出血するので、身体中にがん細胞がばらまかれてしまう。

さらに傷を治すために増殖因子というタンパク質が体内にできます。これが組織を修復する一方で、がん細胞も育ててしまうのです。結果、がんが暴れ出し、転移して亡くなってしまう。

もちろん、医者はこのことを知っていますが、それは決して口にはしません。なぜなら治療しないと儲けが出ないから。医者が検診を勧めるのも患者を作るためです」