炎上した「キズナアイ」問題…日本文化が描いてきた女性像から考える

わかりやすさの誘惑、ありがちな構図
佐伯 順子 プロフィール

では、科学に関する映像メディアにおける「キズナアイ」の起用には、いかなる問題点があるのか。

それは、これまで指摘されている性的要素の強調以外に、教育的要素を含むテレビ番組、さらにネット上の動画も含めた視聴覚メディアのなかでの固定的なジェンダー構造という偏見がある。

一般市民には“わかりにくい”“高度な科学的研究”を、“わかりやすく”“親しみやすい”キャラクターを利用して説明しようとする送り手側のコンセプトは理解できる。

ただし、説明をうけるキャラクターとしての「キズナアイ」と、解説する男性科学者の組合せは、“教える男性/教わる女子”という、メディアにおける男女の役割分担、特に教養的な番組の典型的なパターンに陥っている。

〔PHOTO〕iStock

可愛い女子を生徒役にして何が悪いのか、中年女性の僻みではないか、との批判がきこえそうだが、教える側と教わる側に男女をふりわけるパターンが、上記のように、“知的な男性/男性に比べて知的に劣る女子”という発想を、無意識のうちに刷り込んでしまう可能性が問題なのである。

特定の局に限らず、語学番組や教養番組、社会時評等の番組においては往々にして、“エライ男性教授”が若い女子に薀蓄(うんちく)を語る、という形式がみられる。これはあながち、番組の作り手側の偏向ともいえない。現実問題として、学問の世界にはまだ女性の割合が少ないので、講師を起用する際には男性である確率が高くなる。

とはいえ、なぜ教わる側が女性、しかも若い女子でなければいけないのか。

学生、生徒の聴き手を演じるなら男性でも不都合はないはずであるし、女子か男子のどちらかではなく、女子と男子をあわせて聞き役にしてもよかろう。

科学の話題であれば、理科の実験を連想させる白衣の高校生のほうが話題にふさわしいかもしれない。おへそや太ももの露出は、科学との関連を理解しにくい。

“わかりにくい科学”を一般市民に広く伝えるのであれば、生涯学習が盛んになっている現代、聴き手は高齢者の男女でもよいだろう。

番組の聴き手が、“難しい科学”にとっつきにくさを感じる一般市民男女の代表とするならば、高齢の市民を聴き手にするほうが、“視聴者代表”としての意義は高まると思われる。

内容と連関性の薄いファッションで若い女子キャラクターを起用するのは、“番組の花”として女子を登場させるという、メディアにおける女性の役割を、装飾的な意味での“みられる対象”に限定するという、メディア学における古典的な批判のわかりやすい的になる。

私的経験で恐縮であるが、私自身がかつてある教養番組に出演した際、聴き手は男性であった。

その際には私自身、聴き手のジェンダーを意識してはいなかったし、聴き手の男性が視聴者に対して、露出度の高い衣装で性的要素を強調することもなかった。

書いていても冗談のようだが、その逆をキズナアイがしているとみれば、女性キャラクターに限定されたファションや役割の“特殊性”が理解できると思う。

 

今振り返ってみれば、女性講師に男性の聴き手という組合せは、ありがちな教養番組の構図とは違う点で一定の意義があったのだと思われるし、聴き手の男性も知的なイメージの方として起用されたのだと思う。

しかしながらこれを、キズナアイの例のように、中年女性講師と若いアイドル男子の組合せとして、聴き手がジャニーズ・コンサートのようなコスチュームで笑いかける進行であれば、いかがなものであろうか?

女性ファンは喜ぶかもしれないが、視聴者は、教養番組でなぜことさらに聴き手のアイドル性を前面に出すのか、と違和感を覚えるのではないか。

若い女性にもわかりやすい=視聴者全員にわかりやすい=親しみやすい、という発想は、生涯学習や中高年の方の学び直しを促進する社会的動きとずれていることは明らかであるし、上記のように、キズナアイと同じ構図を男女逆にしてみれば、その異様さがよくわかる。

“かわいい”を強調するのなら、いっそのこと、“かわいらしいおばあちゃま、おじいちゃま”を登場させるほうが現代のテレビの視聴者の実態にもあう。

“若者のテレビ離れ”を意識して、“若いオーディエンス”に受けると思われるキャラクターを起用したのであろうが、負のエイジズムに陥らず、高齢者の方も含めた幅広い層に受容してもらえる番組つくりこそが、今後のメディア戦略としても有効ではないのか。