この大人体型代表・原田氏の人気は驚くほどだ。10月11日に行われた書籍発売イベントでは、登場するだけで「キャー!」と参加したファンたちの嬌声が飛び交った。街を歩けば「いつも見てます」と握手を求められる。「私も同じ体型です」「この前紹介していたジーンズ、同じの買っちゃいました」と声をかけられる。ちょっとした「中年アイドル」なのだ。

大人体型代表原田氏だけではない、年齢も、体型もさまざまな、リアルな大人の女性たちがイキイキと服を着こなすことで、他のおしゃれなファッション誌にはない大きな共感が集まっているのだ。

『大人体型の「きれい」を引き出す着こなしの作戦』から、原田氏のビフォー&アフター。同じ160センチ63キロでも服で見た目の差が出る

大手ファッションカタログがモデルに起用

その人気に目をつけたのが、大手ファッションカタログの「ベルメゾン」だ。この秋号で彼女たちをモデルに初起用したところ、予想以上にヒットした。

「これまでベルメゾンのカタログは、ファッション雑誌のように著名モデルを使って非日常・憧れ感を演出しており、それは評価されています。

一方で、若くてスタイル抜群のモデルとは異なる自分たちが着てみたらイメージが違った、という声は以前からありました。

今回初めてモデルではない方々だけでカタログを作り「リアル」な情報を発信したところ、その反響がかなり大きかった」と語るのは、今回の起用を企画した株式会社千趣会の香川理恵氏。

彼女たちの人気の秘密は一体何なのか。