子どもたちが30年熱狂!『ねるねるねるね』の化学反応、2つの秘密

「研究開発秘話」をクラシエフーズに訊く

『ねるねるねるね』とは?
水を入れて練ると、色が変わってふわふわと膨らむ不思議なお菓子。1986年の発売以来、30年以上にわたって愛され続けている。ブドウ味とソーダ味のほか、『ゼリーねるねる』『なかよしねるねる』『まじょまじょねるねる』『パーティねるねる』といったスペシャルバージョンの商品も展開中。
http://www.nerune.jp/product/#neruneru

長年愛される定番製品から、画期的な新製品まで──実際に開発へと携わる方に、製品の特製や開発時のエピソード、研究開発職を目指す方へのアドバイスを「リケラボ」編集部がうかがう本企画。

今回は、クラシエフーズ株式会社にお邪魔し、『ねるねるねるね』について聞いてきました。お話をしてくださったのは、新卒入社後、食品研究所での勤務を経て、現在はマーケティング室で『ねるねるねるね』の企画担当をされている宮迫 雅さん(薬学部卒・2012年入社)です。

宮迫雅

30年以上愛され続けるうちに変化した“伝え方”

──『ねるねるねるね』といえば、長年子どもたちに愛されてきたお菓子で、若い読者にもなじみ深いと思います。誕生の背景にはどんなことがあったのでしょうか?

『ねるねるねるね』は1986年に誕生し、おかげさまで30年以上販売させていただいています。

 

当時から当社では、水を加えるとジュースになる、粉末ジュースの素を販売していました。その技術を活かして面白いものをつくれないか、ということが発案のきっかけになったと聞いています。

当時の担当者は、砂場で子どもが泥団子をつくって遊んでいる様子を見て、アイディアが浮かんだそうです。

そのため、「子どもたちに楽しんでもらえるようなお菓子」という考えが原点になっています。

ねるねるねるね

──30年以上愛され続けるなかで、変更・改良したことはありますか?

大きく変わった点をひとつ挙げると、魅力の伝え方でしょうか。

以前は魔女が出てくるCMの効果も相まって、“不思議さ”や“怪しさ”が、ヒットの要因かつアピールポイントでもありました。しかし、2000年を過ぎたころから売上が下がってしまったのです。

アンケート調査をしてみたら、「身体に悪そう」「おいしくなさそう」など、ネガティブな印象を持つ保護者の方が存在するとわかりました。

そこで、今の時代には“怪しさ”が合わないのだろう、ということになり、色が変わる仕組みやビジュアル、食感などの面白さや魅力を、パッケージ上でストレートに伝えるようになっています。

──たとえば、どんなことを伝えるようになったのですか?

まず、保存料や合成着色料が含まれていないことをわかりやすく記載し、安全なお菓子だとわかってもらえるようにしました。

ねるねるねるね

ほかにも、「ふわふわお菓子」と、子どもにもわかりやすい表現で食感を伝えたり、完成後のビジュアルを載せたり。色が変わって膨らむ仕組みも、パッケージの裏に記載しています。

──色が変わったり膨らんだりする面白さは、『ねるねるねるね』に欠かせない魅力ですよね。パッケージにも仕組みが記載されているとのことですが、詳しく教えてください。