家庭内ばかりか職場の人間関係発の「カサンドラ」が増加中

「カサンドラ症候群」自覚と回復の道⑥
野波 ツナ, SORA プロフィール

環境調整はどう行えばいいのか

――それを解決するアプローチとして『環境調整』があると思うのですが。アスペルガーさんとのチームワークの困りごとを他の人に具体的に説明し、なおかつ解決していこうと思ったらどのようにすすめていけばいいのでしょうか。

SORA: それがちょっと難しいんですね。そもそも私の自助会にいらっしゃったり、ツナさんがテーマにされていたりするカサンドラさんは、その相手のアスペルガーさんご本人に自覚がないんです。もしくは診断が出ていたとしても、まだ自分の取説がしゃべれない状態。診断が出てもすぐに自分の特性を理解できるわけではない。

野波ツナさん著『旦那(アキラ)さんはアスペルガー 奥(ツナ)さんはカサンドラ』より
拡大画像表示

自分がわかっていない人とカサンドラさんと、当事者だけで環境を変えるのは無理です。できたとしてもカサンドラさんに大変な負担が生じてしまうので、どちらにも偏らない立場の第三者に入ってもらいたい。時々、夫婦関係だとお母さんに入ってもらうケースを耳にしますが、あんまり近い人はよくありませんね、どちらにも感情移入していない適度に距離のある人がいいです。

野波: アスペルガーさんを変えることはできないわけで、だからカサンドラさんは自分で自分を救わなければいけないわけです。すると職場の場合は、上司に、例えば自分の職場転換を申し入れるとか、別の仕事に変えてくださいって言うしかないんでしょうか。

SORA: それが最近、私が腹を立ててることの一つです。最近は「ご主人きっと発達障害だね」と、慰めてくれるお医者さんが増えてきています。それは良かった。でもその次に「じゃあどうしたらいいですか?」って頼ると「まずは別れた方がいいね」と言われてしまうそうで!

野波: 結局それ!

 

SORA: 言われたほうはみんな「別れろとか離れろとか、そんなこと明日からできるわけないじゃないですか」って思うわけですよ。全く現実的じゃないんです。

野波: 少なくともすぐできることではないですよね。

SORA: そりゃ適応障害だから離れればいいかもしれません。でもそれは泣き寝入りですよね。

職場事例でお話ししてくれた人も結局「私が辞めたんです」とか、「私が変わったんです」って。ツナさんがおっしゃったような、自分が相手のためにやむなく変わるしかないという解決方法を選ぶしかなかったんですよね。でも本来は、職場なら大きなところでは部署替えとか、会社側が対応するべき。

野波: 上にそれを頼むべきという。

SORA: そう。だから、カサンドラ当事者が一人で何とかしようとするんじゃなくて、やっぱり上司とか第三者が入らなきゃいけないんです。