Photo by Joshua Sortino on Unsplash

ありふれたあの薬が「アルツハイマー治療」の光明になるかもしれない

今度こそ認知症治療薬の誕生、か?

広く市販されているぜんそく薬「ジロートン」がマウスの認知症を治療した!

いまだ明らかになっていないアルツハイマー発症の仕組みが、これで解明に近づくかもしれないという──。

(※この記事は「Lab-on」からの転載です。オリジナルサイトはこちら

バイアグラと同じ「予想外」か

ある病気を治すために作られた薬が、まったく関係のない病気に効いたという例は珍しくありません。

鎮痛剤として開発されたアスピリンは、のちに血栓や骨粗鬆症を予防する効果があることが判明しました。バイアグラも、最初は狭心症の治療が目的でしたが、現在ではED治療薬の代名詞となっています。

そのような「予想外」の効果に新しいケースが生まれるかもしれません。

このたび、ぜんそく薬「Zileuton(ジロートン)」を使って、認知症にかかったマウスの治療に成功したという研究結果が発表されました。

 

なぜ、ぜんそく薬?

アルツハイマーをはじめとする認知症の発症メカニズムは、現在でも全容が解明されていません。

ただ、脳内に「アミロイドβ」や「タウタンパク質(以降タウ)」という物質が蓄積していることが解剖結果などから判明しています。

そのことから、現在では、これらの物質のいずれか、もしくは両方が原因であるという説が有力です。

先行研究で、タウの蓄積によってアルツハイマーを発症している患者の脳では「ロイコトリエン」の濃度が上昇することが報告されています。ロイコトリエンは、ぜんそくの原因物質でもあり、その働きを阻害するために作られたのがジロートンなどのぜんそく薬です。

そこで研究グループは、ジロートンを使ってロイコトリエンのはたらきを阻害した場合に、アルツハイマーの症状にどのような影響がでるか確かめました。

実験では、人間で60歳に相当する高齢マウスで、16週間にわたってジロートンを投与した場合と、何も投与しなかった場合とで比較。

その結果、ジロートンを投薬した個体では、投薬をしていない個体に比べて有意に記憶力や認知能力が向上したと報告しています。

さらに、投薬をした個体ではロイコトリエンの量が90%少なく、タウの蓄積も50%少なかったとのことです。

研究を主導したDomenico Praticò氏は、今回の結果を受けて、今後は人間での治験も行っていく予定だと語っています。

先行研究でも同様の成果

ジロートンを使った認知症治療の研究は、これが初めてではありません。

Google Scholarで “Alzheimer zileuton” を検索すると、2001年以降の論文が約2000件ヒットします。これらの先行研究でも、ジロートンがマウスやラットの認知症を改善することは報告されていましたが、具体的な作用機序は明らかになっていませんでした。

今回の研究は、ロイコトリエン濃度とタウの蓄積減少、さらに症状の改善をひと繋ぎに実証した初のケースとなります。

これは、アルツハイマーの発症にタウが深く関与しているという学説の裏付けという点でも、大きな意味を持つものです。