Photo by Getty Images

「学会って意味なくない?」研究者たちが「学会の不思議」に突っ込む

意味がなくても増え続ける謎

「この画期的な研究成果は、〇×教授が学会で発表なさることになっています」

医療ドラマなどで、学会発表がこのように権威づけの道具として扱われるのを、ときどき目にする。

社会学などではしばしば、ある事柄がテレビドラマや映画でどう描かれているかを分析し、それに対する世間一般の意識を探ろうとする。それにならえば、いまも学会は、世間からは権威の象徴とみられているらしい。

では、その学会を構成する当の研究者たちは、学会をどうみているのか。京都大学で9月13日に開かれたシンポジウム「学会を問う」(京都大学学際融合教育研究推進センター主催)をレポートする。

「学会」は業績蓄積の場

シンポジウムの副題は「学会って意味なくない?」。

刺激的だ。研究者にとって、所属することがあまりにも当然のことになっている「学会」の意義を、いまあらためて考える試みだ。

企画した京都大学学際融合教育研究推進センターの宮野公樹(なおき)准教授はその趣旨を、「学会を否定するわけではない。学術の世界はいま、身分による上下の分離、分野間の分離が激しい。そのなかで、我々は学会を通して一所懸命に何をやっているのか。それを問い直したい」と説明した。

京都大学で開かれた「学会を問う」シンポジウム京都大学で開かれた「学会を問う」シンポジウム

学会は、その分野の研究者たちが年会費を払って会員となり、年に1~2回の研究発表大会を開いて最新の研究成果を発表したり、論文誌を発行して会員の論文を掲載したりする。

「学会発表」というのは、研究発表大会での発表を指している。学会発表や論文誌への掲載は、その研究者の正式な業績となり、昇進や転職の際の重要な判断材料として使われる。

学会発表は、たんなる「祭り」なのか

シンポジウムでは、文学や社会学、農学、医学、工学など11分野の研究者が報告者となり、それぞれの所属学会の現状と問題点を示し、議論する形で進められた。

論点のひとつは、学会の大会に関する点だ。

学会の大会には、発表した成果について、ふだんは顔を合わせることのない研究者の批判を仰ぎ、さらに研究の精度を高めていく役割がある。

それが形骸化して、たんなる「お祭り」になっているのではないかというのだ。