飲みたくても飲めないよりは… Photo by Getty Images

統計で判明…!大学生は「飲み放題」だと2倍の酒を飲む

飲み過ぎるのは私だけではなかった
いよいよ忘年会シーズン突入! そして人を惑わす「飲み放題」という甘美な言葉。この誘惑に乗った中年記者はいつも二日酔いという悲劇を体験してしまうが、これは若者でも同じだった。

飲み放題のとき大学生は酒量が倍になるという、「やっぱり」な研究結果を紹介する。

96%が体験した、その酒量は

いつもそうだ。「飲み放題」で酒を飲むと、ついつい度を過ごす。

「ラストオーダーです」という店員の掛け声にちょっと余分に注文してしまい、翌朝になると、もう少し控えておけばよかったと反省する。

飲み会の翌日翌日はひどいことに… Photo by Getty Images

居酒屋で居合わせる大学生たちも、「飲み放題」で盛り上がっているようだ。筑波大学博士課程の川井田恭子さん、吉本尚(ひさし)准教授らが取り組んだのは、そんな「飲み放題」で大学生が飲む酒の量についての研究だ(プレスリリースはこちら

彼らは「飲み放題」になると、そうでない場合の2倍近いアルコールを飲んでいた。

川井田さんらは、関東の31大学に通う20歳以上の大学生と大学院生に対して2016~17年にアンケートを行い、533人の回答を分析した。

「飲み放題」を経験したことがあるのは、その96%にあたる511人だった。この511人をさらに分析したところ、「飲み放題」のときに摂取するアルコール量は、男子学生ではそうでないときの1.8倍、女子学生では1.7倍になっていた。

「飲み放題」は飲み会の半ば「常識」になっていて、その際には酒量が2倍近くに増えるということだ。

乾杯乾杯までは間違いなく楽しいけれど… Photo by Getty Images

7割が「多量飲酒」に

今回の分析では、飲酒リスクが高まる基準として「一時的多量飲酒(HED)」に注目した。