今後4半世紀の間に日経平均株価は10万円に達することができる

大相場は懐疑の中で育っている
大原 浩 プロフィール

日経平均が10万円を突破するのはいつか? 

さて、現在の日本はITバブルの前の米国と同じである。ベトナム戦争に負け、日本に追い上げられ米国民は自信を失っていたが、その時がまさに「夜明け前」であった。株価が上昇しても懐疑的な日本も同じ状況だ。

私が「2012年に日経平均が2万円を超える15の理由」という本を講談社から出版したのは、2010年5月だ。

当時はリーマンショックの生々しい記憶がまだ冷めやらぬ時期で世の中の反応は「2万円? 夢物語でしょ! そうなったらうれしいでけど……」というものであった。人々は2万円どころか、日経平均が4000円まで急落するのではないかとびくびくしていたのである。

その後、2012年3月に「銀座の投資家が『日本は大丈夫』と断言する理由」をPHP研究所から出版したときには、2011年3月の東日本大震災・福島原発事故の直後で世の中を沈滞ムードが覆っていた。

確かに私は、「3.11」という大事件を事前に予想できなかったため、日経平均が2万円に到達する時期を読み間違えた。しかし、この2冊の本を今読み返しても、日本経済の先行きや株価の大きなトレンドに対する考察は間違ってはいなかったと考える。

 

現在、特に注目しているのは、「貿易戦争」「第2次冷戦」「北朝鮮問題」などネガティブな要因が目白押しなのにも関わらず、日経平均がバブル後最高値を更新したことである。

有名な相場格言に「大相場は悲嘆の中で始まり、懐疑の中で育ち、熱狂とともに終わる」というものがある。

つまり、大きな上昇相場というのはリーマンショックのような大暴落で人々がおびえている中で始まり、その後、株価が上昇しても人々が懐疑的な気分の中でびくびくしている中で育つということである。そして、世の中の懐疑的気分が無くなり、人々がバブルで熱狂する中でリーマンショックのような暴落で大相場は一瞬にして終わるということだ。

8000円近辺のバブル崩壊後の底値から考えれば、現在の株価(日経平均)は3倍水準であり、すでにバブルと考えて多くの(特にベテランの)投資家が積極的にカラ売りをしかけていることは大いに理解できる。

しかし、私は今回の上昇相場は並みのスケールではないと思う。3倍に株価が上昇しバブル後最高値を更新しているのにもかかわらず、世の中のムードがまだまだ懐疑的でバブルとは程問い状態だ。

「株を買わないやつは馬鹿だ」という評論家も現れていない……むしろ「リ―マンショックから10年目だから、また大暴落がやってくる」というような話を素人のコメンテーターまでが口にするような状況だ。

現在の状況は1994年頃の米国株式市場に非常によく似ていると考える。94年のダウ平均は、4000ドル近辺であった。1980年代においては1000ドル程度であったから、この水準(4倍)はとてつもなく高く思われ、私の周辺のプロフェッショナルのディーラたちは大規模なカラ売りを仕掛けた。

その後、彼らが悲惨な結果を迎えたことは読者もご存じのとおりだ。その直後からIT・インターネットバブルが始まり、2000年頃には1万ドルを超える水準に到達した。

ITバブルの崩壊によって一時的に値を下げたが、現在のダウ平均は2万6000ドル近辺、すなわち94年の水準の6倍以上にもなる。4000ドルが日経平均2万円と換算すれば約25年間で12万円以上に上昇したのと同じである。

また、1980年代の1000ドルを、日経平均の安値水準8000円と考えれば、現在のダウ平均は約25倍。日経平均に換算すれば20万円である

今後、四半世紀(25年)の間には、日本の株式市場もそのぐらい大きな上昇相場を経験すると考える。