Photo by Getty Images

参加者が壁や床をこすりまくる学会とは? ようこそ「石屋」の世界へ

『三つの石で地球がわかる』前書き

「前書き図書館」メニューページはこちら

続々重版、ベストセラー街道爆走中の『フォッサマグナ』著者、藤岡換太郎氏の代表作『三つの石で地球がわかる』、オープニングを緊急公開。
地球は「石の惑星」でもある!

本書では初心者が覚えるべき石を三つ選び、それらを主役に、石と地球の進化を語っていきます。読めば「石の世界」が驚くほどすっきりわかります!

はじめに

石井さん、石川さん、石塚さん、石原さん、石渡さん。

私が所属する日本地質学会の名簿に見つけた、「石」がつく名前です。「岩」も「石がつく字」に含めれば、岩井さん、岩崎さん、岩橋さん……と、さらに数はふえます。

「山」や「川」、「田」などに負けず劣らず、「石」がつく名前もこのように、たくさんあります。みなさんの周りにも何人もいるでしょうし、あるいはご自身がそうかもしれません。

これは石というものが、昔から私たちの生活に密着した、ごく身近なものであったことの証左です。

ありふれたものであるだけに、石は「石ころ」とも呼ばれ、なんでも一緒くたに見なされがちです。

しかし、「石がつく名前」がたくさんあるように、実は石そのものにも、ものすごくたくさんの名前があるのです。石にはそれだけたくさんの種類があるということです。

私が小学生だった頃はまだ舗装道路が少なく、道端には大小さまざまな石がごろごろしていました。私はそれらを家に持ち帰っては、何という名前の石かを図鑑で調べていました。

そんな石好きが高じた結果、私は岩石学者になってしまったわけです。

岩石学者たちの多くは、みずからを「石屋(いしや)」と呼んでいます。そして「石屋」たちの多くは、もともとはそうした「石オタク」だったのです。

学会の会合などで「石屋」たちが初めて訪れる建物に入ると、何人かでしきりに床を靴で踏んづけたり、壁を掌でごしごしこすったりしている光景を目にすることがしばしばあります。

よく見ると、そういうことをしながら「これは何々岩?」「いや、何々石だろ」などと確認しあっているのだとわかります。

しかし、そのような石オタクではない一般の方々にとっては、石の名前というものはとてもややこしく感じられるのではないかと思います。

最近は、美しい岩石や鉱物のカラー写真をたくさん掲載した写真集や図鑑などがよく売れているようで、石への一般の方々の関心が高まっていることは「石屋」として私もうれしいかぎりです。

ところが、せっかく石に興味をもって、もう少し勉強してみようと思っても、岩石や鉱物の本には難しそうな石の名前がずらずら並んでいて、げんなりしてしまうという話を私自身、よく耳にします。

結局、一般向けの石の本は、石の姿や面白いエピソードを楽しむだけで、科学についてはあまり書かれていないものが多くなってしまっているようです。

この本は、そういう不満に応えるために書きました。石の名前は、いくつも覚える必要はありません。基本的には、たった三つ、覚えるだけでいいのです。

三つの石を覚えるだけで、石というものの本質がわかります。たくさんあるほかの石のことも、体系的に頭に入ります。さらには、石がどう進化したかがわかります。生きもののように、石も長い年月をかけて進化しているのです。

そして、石の進化とはすなわち、石によってできている地球の進化でもあります。地球が現在の姿になるまでに進化してきた歴史は、三つの石の物語でできているのです。

では、その三つとは何という名前の、どのような石たちなのでしょうか。本書では、タイトルにも表紙や帯にも、あえてその名前は伏せていますので、ぜひこの先をご覧いただき、ご自身でお確かめください。

そして、楽しみながら石についての体系的な理解を深めていただければ、著者として何より幸いです。

『三つの石で地球がわかる』
岩石がひもとくこの星のなりたち

藤岡換太郎=著

発行年月日: 2017/05/20
定価:本体  920円(税別)
     ⇒本を購入する(Amazon)     
(前書きおよび著者情報は初版刊行時点のものです)