就活解禁ルールはすでに崩壊…大企業はこんなに隠れ内定を出している

懸念される「内定格差」の拡大
トイアンナ プロフィール

就活自由化に伴う「内定格差」の拡大

おそらくこれからも、トップの学生は早期に対策を取り、複数業界の内定を獲得していくだろう。

平均的な学生を縛っていた「就活解禁日」が消えることで、これからは応募したい業界に合わせるか、学業や部活動のスケジュールを考えて自主的な就活スケジュールが求められるだろう。

そして筆者は奇しくも就活解禁日を自由化することが、内定格差を生み出すとみている。

〔PHOTO〕gettyimages

「この日から就活はスタートですよ」と言われれば受け身な学生も動けるが、「自分で考えて就活スケジュールを立て、動きなさい」と言われても動けないからだ。

結果として早期に準備を行う優秀層と、いつまでも対策を取れない平均以下の学生間で内定格差は拡大するだろう。

私には個々の学生へ発破をかけることしかできないが、少しでもそれを食い止めたい。