Illustration by Getty Images

恐竜の名前に「グ」が付くのは不正確だが残したほうがカッコいい問題

「恐竜大陸をゆく」第3回
気鋭のルポライターが恐竜ライターへの道を駆け上がっていく大人気連載「恐竜大陸をゆく」。「マメンチサウルス」「マンチュロサウルス」に続いて「ディロング」が登場します。
……何のことかわからない? 大丈夫、今回は「呼び名」から解説しますので!

中国ライターの立場から、日本ではあまり知られていない中国の恐竜事情を伝えていく本連載。

今回紹介するのは、羽毛を持つティラノサウルスの仲間として近年の中国恐竜のなかでも有名どころになったディロングと、その呼び名についての考証だ。

ティラノとトリケラの仲間にはみな羽毛が!

白亜紀前期(約1億3000万年前)に生息していたディロング・パラドクサス(Dilong paradoxus:奇異帝龍)は、体長は1.6メートルほどの小さな獣脚類でありながら、近年の中国恐竜ではシノサウロプテリクス(Sinosauropteryx:中華龍鳥)と並ぶ「メジャー選手」になりつつある。

その理由のひとつは、2004年の発見時点では最古(その後にもっと古いグアンロンが発見されたが)のティラノサウルスの仲間(Tyrannosauroidea)だったから。

そしてなにより、尾などに繊維状の構造が見つかり、羽毛が生えていたと推測されたからだ。

ディロングディロングの再現図では羽毛が描かれている Illustration by Getty Images

ディロングは遼寧省の北票市陸家屯にある義県層から発見されたもので、中国古生物研究の大家である徐星(Xu Xing)博士により報告された。

この北票市からは、地名がそのまま名付けられたベイピアオサウルス(Beipiaosaurus:北票龍)をはじめ多くの羽毛恐竜が見つかっている。

やがて同じ遼寧省では2012年に体長9メートルのユウティラヌスが報告され、ティラノサウルスの仲間の多くが羽毛に覆われていた可能性すら浮上した(もっとも、ティラノサウルス自身は大型化によって羽毛を失い、身体の多くがウロコに覆われていたとする見解が現時点では有力だ)。

ほか、北票市付近からは、近年になり腰付近に羽毛の存在が確認された、原始的な角竜の仲間のプシッタコサウルス(Psittacosaurus)の化石も見つかっている。

プシッタコサウルスプシッタコサウルスの再現図 Illustration by Getty Images

まだ小さかったティラノサウルスの先祖に近い仲間と、トリケラトプスの先祖に近い仲間が、白亜紀前期に同じ地域で共存していたと考えると微笑ましいものがある。