Photo by iStock

羽生善治はなぜ「最強の棋士」であり続けるのか…その秘密が見えてきた

『超越の棋士 羽生善治との対話』を読む

なぜこの歳でも高勝率を維持できるのか

羽生善治氏は、プロ将棋の7大タイトルの全てに「永世」称号を持ち、現在、賞金額最高のタイトルである竜王を保持するトップ棋士だ。中学生でプロデビューした時から驚異的な勝率を長年記録している。大多数の将棋ファンは羽生氏が史上最強の棋士であることに同意するだろうし、筆者もそう思う。

また、単に最強の棋士であるというにとどまらず、我が国にあって、長年、「天才」、「頭のいい人」のアイコン的存在でもある。近年は、将棋にとどまらず、AI(人工知能)にも造詣が深く、AIの現在と将来について意見を求められる識者でもある。NHKの番組などで、羽生氏がAIについて解説する場面をご覧になった読者は少なくあるまい。

この羽生氏に対して、ノンフィクションライターの高川武将氏が足かけ7年以上の期間に合計9回に亘って行ったロング・インタビューが『超越の棋士 羽生善治との対話』という書籍としてまとめられた。少なくとも、「天才」・「勝負」・「将棋」の何れかに興味のある方は、是非読み込んでみるといい。

天才ならぬ我々の人生にも大いに参考になる言葉が見つかるはずだ。

あの羽生氏がどのような気持ちで将棋を指して高勝率を上げ続けて来たのか、これだけの実績を挙げてどのようなモチベーションを持っているのか、そして、彼はこれからも勝てるのか、といった諸々にどなたも興味を持つのではないか。

 

羽生氏は高川氏の質問に、時にあっさりと、時に曲線的に答える。そのやりとりだけでも面白いのだが、加えて、羽生氏を取り巻く重要人物たち(将棋の渡辺明棋王、久保利明九段、谷川浩司九段、島朗九段、森内俊之九段、プロ麻雀士の桜井章一氏)などにもインタビューして、「羽生善治氏の実像」を解き明かそうと試みている。

桜井氏以外の人々は、何れも現役のプロ棋士であり、多くの棋戦で羽生氏と直接戦う関係にある。普通は聞くことが出来ない話が、それぞれのインタビューには詰まっている。将棋ファンがプロの将棋をより面白く観る上で有益な情報が満載だ(例えば、谷川九段がかつて羽生氏にどのような感情を抱いていたか、渡辺九段がなぜ角換わりの将棋を多く指すか、等を知りたくないか?)

本書は、400ページに及ぶ大部の本だが、1ページの無駄もない。是非、手に取って読んでみて欲しい。

全てのテーマについて触れることが出来ないので、拙稿は以下の3つにポイントを絞る。

(1) 羽生氏はこれからも勝ち続けることができるのか?
(2) 空前の実績を達成した羽生氏の今後の「役割」は何なのか?
(3) 将棋ビジネスは羽生氏に十分応えているか?

の3点だ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら