ある視点から見ると「沖縄は日本ではない」とはどういうことか

「琉球の自然」の特異さと多様さ
青山 潤三 プロフィール

「沖縄は沖縄である」としか言いようがない

沖縄は九州どころか、日本ではない。いや、政治的には日本なのでしょうが、地理学、生物地理学的には、日本とは明らかに異なる空間です。

日本ではないといっても、中国とも、台湾とも違います。沖縄は沖縄である、としか言いようがありません。沖縄(ここでいう「沖縄」とは、後述する「中琉球」のことで、宮古・八重山諸島などの先島地方と尖閣・大東両諸島を除く沖縄県に、鹿児島県の奄美諸島を加えた地域のこと)に固有に棲息する生物の多くは、周囲のどの地域にも直接の関連種が見当たらない、独自の存在です。

それは、日本やアジアの野生生物に興味を持つ筆者のような人間にとっては当然のことなのですが、一般的には、そうは考えない人のほうがずっと多い状況でした。

 

ところが近年、その状況が変わりつつあるように感じます。沖縄が、いろんな意味で日本本土とは異なる空間であることが、一般的にも次第に浸透してきているように感じるのです。

その最たる例が、天気予報。これまで「九州・沖縄 地方」とひと括りにされていたのが、「沖縄地方」と独立して表記されることが増えました。

また興味深いことに、沖縄だけでなく、奄美諸島も「奄美地方」として独自に表記されることが少なくありません。こうした捉え方は、沖縄を九州と同じ括りで捉えたり、あるいは奄美諸島を単純に「鹿児島県」として九州に一括してしまったりするよりも、遥かに適切だと思います。

ただ、それはそれで、筆者は一抹の違和感を覚えるのです。日本人は、権威がものごとの定義を変えると、何の疑いも持たず素直に従ってしまう傾向があるように思われます。その時々に少し視点を変え、改めて別の角度から見渡してみようとは、なかなか試みないーー。

日本本土(細かく言えば、屋久島などの大隅諸島以北)と、奄美大島との間には、生物地理学的な境界線として「渡瀬線」が提唱されています。大雑把に言えば屋久島と奄美大島の間、細かく言えば屋久島とトカラ列島の間です(さらに細かくトカラ列島悪石島と小宝島の間とする意見もあります)。

教科書的には、渡瀬線を挟んで屋久島以北が「旧北区」、奄美以南が「東洋熱帯区」とされるわけですが、実態は、非常に複雑でデリケートで多様極まるのです。

奄美・沖縄を、九州(あるいは屋久島)以北の日本本土と切り離す見方も悪くはないのですが、絶対的な処置とはいえない。もう少し、良い意味での曖昧さが欲しいように思います。琉球と九州はきわめて異質な空間ではあるものの、極めて密接な関係も有している。これらは決して矛盾しません。答え(事実)を一つに限定せず、多様な角度から照らし出すことーー。

掘り下げて考えるために、まず南西諸島(琉球弧)の北端の島の一つである、屋久島の話から始めましょう。

屋久島全景