屋久島・宮之浦岳から望む愛子岳と種子島(写真はすべて筆者撮影)

ある視点から見ると「沖縄は日本ではない」とはどういうことか

「琉球の自然」の特異さと多様さ

別世界だけど、とても密接

沖縄県知事選の投票日がやってきました。タイミングを計ったように台風が近づいてきたので、少々心配ですが…。

この選挙は、「民意」と「国益」のせめぎあい、という見方が、一部にあるようです。

「国益」という視点からは、戦時中にはマリアナ諸島もパラオ諸島も、台湾も朝鮮半島も中国東北部も、日本人の誰もが「日本」であると信じて疑わなかったように、いま沖縄も紛うことなき「日本」の一部であることは、(沖縄にお住まいの方はともかくとして)おそらく大半の日本国民の共通認識だと思います。

しかし地史的、あるいは生物地理的(もちろん、人類も含む)視点に限れば、沖縄と日本は明確に異なります。そのような観点からいえば、かつてそうであったように、沖縄が日本と一線を画す「独立国」であっても不思議ではありません。そのうえで、互いに敬意を払いつつ「共栄」していけるなら、世界にも類を見ないモデルケースとなるはずです。

いまなお地球のあちこちでは、民族・人種紛争や領土紛争が勃発しています。一方で本来、そうした地域間以上に複雑な要素を含み持つ沖縄と日本が「同じ国家」であるという現在の状況は、実は稀有な例であろうと思われます。沖縄と日本は、世界の国家同士、民族同士の対立を調停するための範となる可能性を秘めているのです。

 

誤解を恐れず言うならば、沖縄は日本ではありません。と同時に、日本ときわめて深く、きわめて密接な関係を有した空間です。

本稿では、筆者がライフワークとして取り組んできた「生物地理学」の知識と経験を総動員して、「琉球弧(南西諸島)」について、九州から台湾の間に連なる島々をひとつひとつ見渡しながら、生物地理的な視点からのアプローチを行ないます。 そして、そのこと(「否定」と「肯定」が矛盾しないこと)を検証していきます。

屋久島の亜熱帯植物・オオタニワタリ

安仁屋宗八も抱いたかもしれない「違和感」

今年のプロ野球セントラルリーグは、広島カープが3連覇を果たしました。投手陣は、若い大瀬良大地が頑張りましたね。歴代のカープのエースは、ちょっと変わった三文字名字というのが伝統のようです。60−70年代のダブルエース、安仁屋宗八と外木場義郎、80-90年代の北別府学。

外木場と北別府は南九州(鹿児島)の出身。鹿児島には三文字名字が多く、例えば二階堂進(「趣味は田中角栄」の自民党元副総裁)とか赤瀬川原平(「路上観察」でも知られる小説家)もルーツは鹿児島です。

一方、安仁屋は沖縄出身。沖縄にも三文字名字がけっこういます(ちなみに、その間の奄美は一文字名字が多い)。

終戦の前年に生まれた安仁屋は、1962年の夏、沖縄県から初の甲子園(全国高校野球大会)出場を果たしました。社会人野球を経て広島カープに入団、弱かった頃の広島カープを外木場と共に支え、後に阪神タイガースのリリーフエースとして活躍しました。

その後、再び広島に戻り、現在に至るまで「沖縄人」であるとともに「広島の白髭の好々爺」としてファンに愛されています。彼の話には、必ずと言って良いほど、「甲子園に出場した時は、パスポートが必要だった」という話題が出てきます。当時、沖縄はまだアメリカ領でしたから、安仁屋に限らず当時を回想する沖縄の人たちの話題には、よく「パスポート」の話が出てきます。

もう一つ注目したいのは、当時の沖縄の高校が甲子園出場をかけて勝ち抜いた地区予選は、「九州大会」だったということです。比較的最近まで、沖縄は実質上「九州の一部」と見做されていたわけです。

本土の市民からすれば、当たり前のことかもしれません。でも、沖縄に住む人々は、大きな違和感を覚えていたはずです。というより、違和感を持ちながらも半ば諦めていたかもしれません。