〔PHOTO〕gettyimages

なぜドイツは「テロリストの人権擁護」にこうも熱心なのか

これはもう「民主主義」とは言えない

あるテロリストの処遇

サミ・A(42歳)はチュニジア人のイスラムテロリストだ。1997年、21歳でドイツに留学した。その後、ドイツにある回教寺院の説教師として、テロリストを勧誘するアジテーターのような役割を担い、メキメキと頭角を現した。その間、さまざまな理由で学生ビザが延長され続けたが、2005年、学業は修了しないまま、ビザがついに切れた。

ちょうどその頃、デュッセルドルフで、ユダヤ人の施設に対する爆破テロを計画していたとされるイスラム組織の公判が続いていた。それに関して、サミ・Aが1999年ごろ、アフガニスタンで、アルカイーダの軍事訓練とイスラム原理の教習を受けていたという有力な証言が出た。

それどころかサミ・Aは一時、アルカイーダの指導者、ビン・ラーディンのボディガードにまで昇進していたらしい。しかし、彼は取り調べに対し、アフガニスタンには入国したことがないと主張。結局、容疑は固まらず、放免となった。

サミ・A が住んでいた住宅街〔PHOTO〕gettyimages

サミ・Aが住んでいたのはボッフムという町だ。この後、ドイツの官庁とサミ・Aとの終わりなき戦いが始まる。ボッフム市長は、サミ・Aの滞在ビザ延長を拒否。彼を強制送還の対象とし、パスポートも没収した。それに対し、サミ・Aは当該の行政裁判所に権利保護を求め、難民申請も試みた。

ドイツでは、たとえ外国人が犯罪を犯しても、拷問を受ける可能性のある国に送還することは禁止されている。犯罪者であっても人権は守られなければならないからだ。実際にサミ・Aも、まさにその理由で、チュニジア送還を免れていた。

 

ちなみにドイツでは現在、テロを起こす危険があるとみられている人物760人が警察の監視下にあり、うち153人はすでに保護(留置)されているという(連邦刑事庁・2018年3月発表)。2015年、ドイツになだれ込んだ大量の難民の中には、相当数のテロリストが紛れ込んでいたとみられている。

さて、ドイツ当局とサミ・Aとの裁判は14回にも及び、多額の税金と多くの時間が注ぎ込まれた。しかし、そのたびにサミ・Aはさまざまな法律を駆使して自己を弁護しつつ、自由にドイツで暮らしていた。

そのあいだにサミ・Aはチュニジア出身の女性と結婚し、4人の子供をもうけた。ドイツ生まれの子供たちは、合法的にドイツの国籍を取得し、その母親である妻にもドイツ国籍が与えられた。

それによりサミ・Aには、「4人のドイツ人の子供の父親」と、「ドイツ人女性の夫」という2つのステータスが付帯したため、母国送還の心配はほぼ消滅。それどころか反対に、ドイツ国家から保護される立場になったのである。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら