# 納豆

値上げしても売れまくる!いま納豆が「史上最大のブーム」であるワケ

「売れ筋」ランキング100を初公開
マネー現代編集部 プロフィール

関西でも売れる「納豆ブーム」の底力

こうした納豆ブームの背景のひとつは、近年、納豆の研究が進んだことで、改めてその健康効果が見直されているのが大きい。

たとえば、日本人の死因の5トップのうち2つである脳梗塞と心筋梗塞を予防する効果があることなどがアメリカの学術誌で発表。

最近では糖尿病や認知症の予防にも効くという研究結果も出ており、健康食品としての注目度が高まっているかたちである(納豆の健康効果については、『もう一度知っておきたい、「奇跡の食品・納豆」その驚きの効果』を是非ご一読を)。

 

もちろん、納豆は手頃な価格で買える商品であるというのもある。

最近は大手小売りがプライベートブランドで従来品よりも安くてお得な商品を販売していることから、消費者の「節約志向」にもマッチ。

納豆といえばこれまでは関東・東北で多く消費されてきた傾向があるが、近年は関西方面でも売り上げが伸びており、多くの日本人にとってより身近な健康食品として浸透してきている。

〔photo〕iStock

TrueDataデータアナリストの大坂京子氏は「今春の値上げの影響で低価格のプライベートブランドのシェアが上がっているのは確かです」と指摘。

さらに、「一方で、健康意識の高い人に向けた『すごい納豆』など高価格でも好調商品があるのが興味深い」と言う。

次ページからはそんな納豆ブームで人気の「売れ筋」商品ランキング100を初公開。

有名商品から知る人ぞ知る商品までがズラリ。この中から自分なりの「お気に入り」を探して、納豆ブームをじっくり楽しく味わってはいかがだろうか。