〔photo〕iStock
# 納豆

値上げしても売れまくる!いま納豆が「史上最大のブーム」であるワケ

「売れ筋」ランキング100を初公開

今年、過去最高の売り上げをさらに更新へ

じつはいま「納豆」が一大ブームになって、日本全国のスーパーの店頭で売れに売れまくっていることをご存じだろうか。

全国5000万人規模の購買履歴データを収集・分析するビッグデータ企業『TrueData』によれば、納豆のスーパーマーケットでの売上金額は、直近8月の最新データを見ると前年同月比で114%と大幅増を記録。今年は1月から前年割れをした月が一度もないという絶好調ぶりで、売れ行きを伸ばし続けている。

地味な食品がゆえあまり注目されていないが、じつは納豆ブームは数年前からジワリと静かに始まっていて、17年は納豆の市場規模が過去最高を更新したばかり。今年はそんな「過去最高」の昨年よりもハイペースで売れているかたちで、さらなる記録の更新がほぼ間違いないのだ。

〔photo〕gettyimages

過去にも納豆ブームは起きているが、今回のブームが過去と「別格」なのは、大手各社が今春に一斉に値上げに踏み切ったタイミングであるにもかかわらず、ブームが冷え込まないところにある。

 

具体的には、業界最大手で『おかめ納豆』を手掛けるタカノフーズは今年4月から、一部商品の10~20%の値上げを断行。

業界2位で『金のつぶ』で知られるミツカンも今年6月から一部商品で約10~20%の値上げを実施したにもかかわらず、売れ行きが落ち込むどころか、納豆ブームはむしろさらなる盛り上がりを見せているから驚きだ。

実際、TrueDataの協力のもと、全国のスーパーマーケットでの販売数量をもとに、納豆「売れ筋」ランキング100を作成。上位10商品の顔ぶれを見ると、今春に値上げをした『おかめ納豆』『金のつぶ』が多くランクインしており、値上げをものともせずに売れまくっていることがよくわかる。

集計期間:2018年5月21日~2018年8月12日/店舗:スーパーマーケット〔データ提供〕TrueData