Photo by Getty Images

安倍官邸が頭を抱える「大幅改造人事」の中身

代えるに代えられない人もいて…

表向きは平静な安倍官邸に走った「衝撃」

安倍晋三首相は9月20日に行われた自民党総裁選で連続3選を果たした。安倍首相は国会議員票329票(82%)、地方票224票(55%)、トータルで553票(69%)を獲得、石破茂元幹事長が国会議員票73票(18%)、地方票181票(45%)、トータルで254票(31%)を獲得した。

[写真]3選自体は予想通りだが、安倍首相の周辺では投票結果に「衝撃」が走ったという(Photo by GettyImages)3選自体は予想通りだが、安倍首相の周辺では投票結果に「衝撃」が走ったという(Photo by GettyImages)

翌日21日の新聞各紙の1面のタテ見出しが興味深い。各紙の大見出しの「安倍首相3選」を除くと、以下の通りである。

「朝日新聞」:<石破氏善戦 地方票の45%――「圧勝」できず政権運営に影>
「毎日新聞」:<石破氏善戦 党員票45%――議員票も20上積み>
「読売新聞」:<得票69% 石破氏破る――憲法改正、改めて意欲>
「産経新聞」:<麻生・菅・二階氏留任へ――1日改造 河野・茂木・世耕氏も>
「日本経済新聞」:<任期3年「改憲に意欲」――553票獲得、石破氏は254票>

これまでの各紙の安倍首相(政権)に対するスタンス(論調)の違いがきちんと反映されている。

石破氏が総裁選前の予想を超えた地方票を獲得したことについても、「毎日」は2面に<改憲前進 思惑外れ――与党内も冷ややか>、3面では<「圧勝逃す」首相誤算――選挙の顔に不安再燃>、そして「朝日」も2面で<首相 崩れた「圧勝」――目標下回る地方票「反乱だ」>など、厳しい見出しを掲げている。

一方、「読売」と「日経」を見ると、前者は3面に<首相、課題残す「圧勝」――党員票55%地方取りこぼしも>、後者も2面に<石破氏 目標超す地方票――44.7%獲得、ポスト安倍に芽残す、政権批判の受け皿>の見出しであった。

このように各紙を比較検証すると、石破元幹事長は想像外の健闘を示したことが、あらためて分かる。すなわち、石破氏は安倍氏に完膚なきまでに打ち破られるのを阻止したことから、ポスト安倍の一角に踏みとどまることができたと言っていい。

[写真]ポスト安倍への可能性を残した石破氏(Photo by GettyImages)ポスト安倍への可能性を残した石破氏(Photo by GettyImages)

だからこそ、投開票の結果が判明した20日午後2時半ごろの安倍官邸は動揺を隠せなかったというのだ。その後、安倍首相自身を含め側近グループは平静を装っているが、早くも10月1日に予定される内閣改造・党役員人事に頭を悩ましている。

安倍氏の文字通りの圧勝であれば、内閣改造・党役員人事は小幅なものとなると見られていた。だが、これほど石破氏善戦が際立ったことによって、逆に安倍氏3選の論功行賞をやらざるを得なくなり、大幅人事となる。