世界に羽ばたくビジネスパーソン必携の「科学手帳」ここがスゴい!

2019年は手帳で「科学」を学ぼう!
ブルーバックス編集部 プロフィール

ファイナンスの感覚も研けてしまう

つい先日、シリコンバレーの某社から最新のスマートフォンが発売されました。

従来製品の約9倍もの処理速度を誇り、機械学習専用のチップを持つというガジェット好きにはたまらない製品ですが、すこし値段が高いのが気になります。

新しいものが大好きなAさんは、10万円の最新型を買おうと思ったのですが、どうしてもお金を工面することができません。

友達のBさんに相談したところ、10万円を貸すので、1000円ずつ100ヵ月間で返してくれればよいというのです。ただし、今月は1000円、来月は1000円×1.01、再来月は1000円×1.01×1.01というように毎月1パーセントの利子をつけてくれてと言われました。

1000円の1パーセントならたった10円です。Aさんは喜んで10万円を借りたそうです。

さて、AさんはトータルではどれくらいBさんに払わなければならないのでしょうか?

こんなときは、「等比数列の和の公式」が役に立ちます

微分・積分や円周率の計算など役立つ公式を多数掲載微分・積分や円周率の計算など役立つ公式を多数掲載

公式に数字をあてはめて計算してみると、返済総額はなんと17万円以上になるようです。

もしAさんが「科学手帳」をもっていたら、お金を借りることはなかったかもしれませんね。

生活のあらゆる場面で役に立つ科学手帳をぜひお手元に!