Photo by Pixabay

世界に羽ばたくビジネスパーソン必携の「科学手帳」ここがスゴい!

2019年は手帳で「科学」を学ぼう!
2017年に通巻2000番記念として発売された『ブルーバックス科学手帳』が、このたびリニューアルして再登場しました。

「365日の科学の出来事」や、「今週の公式・数式」に加え、役立つ「科学資料集」も約3倍にボリュームアップ。ビニールカバーとしおりひもも2本ついて、スケジュール手帳としてさらに使いやすく進化しています!

本記事では、新しくなった「科学手帳」の便利な使い方をご紹介いたします!

話のまくらに科学の話題はいかが?

1905年の今日(9月27日)、科学史における非常に重要な論文が発表されたことをご存じでしょうか?

“Ist die Trägheit eines Körpers von seinem Energieinhalt abhängig?”
『物体の慣性はそのエネルギーの大きさに依存するか』

と題されたアインシュタインによる論文のなかに、あの有名な「E=mc2」の公式が登場したのです。恐ろしい破壊力をもった原子爆弾もこの公式によって生み出されました。

このことを知ると、なんでもない一日が、すこし特別な一日に思えてきませんか?

「科学手帳」にはこのほかにも、「ウェゲナーが大陸移動説を発表した日」「人類がはじめて月に立った日」「ガウスが正17角形の作図法を考案した日」など、科学の話題が毎日掲載されています。

ぜひ、科学を話題にするきっかけにしてみてください。

週間スケジュールページでは毎日の出来事と、数式・公式等を紹介週間スケジュールページでは毎日の出来事と、数式・公式等を紹介

ビジネスは相手の情報を知ることからはじまる

この科学手帳、じつはビジネスパーソンにも役に立ちます

15年ぶりに地球に大接近しているお隣の惑星「火星」は、ブルーバックスのシンボルキャラクターの故郷です。

グローバル化がすすむこれからの社会では、外国企業のみならず他惑星の企業を相手にする機会も増えてくるのではないでしょうか。そんなときに相手の文化を知っておくことはとても大切です。

もし火星の企業と取引をすることになったら、ぜひ覚えておいてほしいことがあります。