〔PHOTO〕gettyimages

ドイツの森で勃発した戦争から見えてくる「エネルギー政策の大失敗」

それでも石炭火力は止められない

森の開墾を開始するために

まるでゲリラ戦のようだった。場所はハンバッハの森の中。ノートライン−ヴェストファレン州のケルンから西に約30キロのあたり。

ハンバッハ闘争の始まりは40年も前に遡る。1970年代の終わり、この地区の褐炭採掘の認可がおり、そこに住んでいた人の立ち退きと、森の木の伐採が始まった。褐炭というのは質の劣る石炭で、水分が多いため燃焼効率が悪く、CO2の排出量がおびただしい。

ノートライン−ヴェストファレン州のこの辺りはルール地方と呼ばれ、一帯に褐炭の大炭田が広がる。しかも、ここの褐炭は地表に露出しているため、坑道を掘らなくても、巨大なショベルの付いた重機でグングン採掘できる。いわゆる露天掘りで、コストが非常に安い。

〔PHOTO〕gettyimages

大々的な採掘が始まったのは18世紀後半。ここで採れた石炭で鉄鋼業が支えられ、ドイツの産業革命が進んだ。そんな背景もあり、今でも、ここノートライン−ヴェストファレン州では、発電に使われているエネルギーの41.7%が褐炭だ。

輸入の石炭25.4%と天然ガス16.3%を合わせると、化石燃料の割合は83.4%にも及ぶ。再エネは10%と低い(2016年)。そんなわけで、褐炭の炭鉱は多くの地元産業と密接な関係にあり、その存続には大規模な雇用が掛かっている。

 

褐炭の採掘は200年の間にどんどん伸びたが、ハンバッハでの採掘が始まったのはずっと遅く、1980年の初めだ。それ以来、森を潰して広がっていったハンバッハの採掘現場は85㎢にもなり、露天掘りのまま、最高450mの深さまで褐炭含みの土が削られた。ハンバッハでとれた褐炭は、毎年4000万トンが近隣のRWE社の火力発電所に運ばれていく。

エッセン市に本社を置くRWE社は、現在、ドイツ4大電力会社の一つだが、1898年の創立以来、ずっとルール地方で発電してきた。彼らには、自分たちがドイツ産業を下支えしてきたという大企業の誇りがある。そして実は、このRWE社が、ハンバッハの森の持ち主なのである。

ただ、当然のことながら、RWE社の採掘現場が広がるにつれ、あたかも侵食されたように、ハンバッハの森は次第に小さくなっていった。

〔PHOTO〕gettyimages

6年前、ハンバッハの伐採に反対する活動家が、森に入り始めた。大木の上に小屋が造られ、傭兵とヒッピーを足して2で割ったような風貌の人々が、ターザンさながらその木の上の小屋に住み着いた。彼らは多くの環境団体の支援を得ながら、どんどん過激化していった。

RWEは、これから2040年までの間に、ハンバッハで24億トンの褐炭を採掘する計画だという。そのため今年の10月から、残っている森のうちの約半分、100haの開墾を開始する予定だ。

そこで、9月の初めには、通路を確保するために重機を入れ、警察も、森に立て籠もっている活動家に退去を促した。すると、それがきっかけで、案の定、「戦争」の火蓋が切って落とされた。