「ウチの子供と結婚して…!」“代理婚活”に奔走する悲痛な親心

連載「婚難の時代」第1回
共同通信 生活報道部取材班 プロフィール

「平凡でもいいから幸せになってほしい」

小倉良枝(66)は代理婚活を続ける母親の一人。昨年6月に開かれた。良縁の会プロジェクトの交流会にも参加した。それから1ヵ月後、自宅のポストに届いた白い封筒を見つけ、ため息をついた。「まただめだった…」

良枝は東京都の郊外で夫の充(73)と食料品店を営んでいる。封筒の中身は、家業を手伝う長女芽衣(36)の写真と身上書。交流会のときに参加者の親と交換したものだった。

 

個人情報が含まれているため、断りを入れる場合は相手に返送することになっているが、丁寧に「うちの息子には立派すぎてもったいない。今回のお話は遠慮させていただけませんか」という手紙まで同封されていた。 

小倉良枝さん(仮名)@共同通信社

良枝たちは10年前、人と打ち解けるのに時間がかかる芽衣に代わって婚活を始めた。芽衣には20代の頃、店の客に紹介を頼んで結婚寸前までいった男性もいたが、うまくいかなかった。

6年前から参加している代理婚活はで実際にお見合いをした人もいたが、今回のように会う前に断られることが多い。少しでも出会いにつなげようと充が「箸にも棒にもかからないかもしれませんが、一度だけでもお会いいただけませんか」と気に入った相手の親に手紙を出したこともあった。

芽衣は専門学校卒。良枝は返却された身上書を眺めながら「年齢や学歴だけでなく、もう少し人物本位で見てくれたらいいのに」と目を伏せた。

良枝は取引先の会社で働いていた充と21歳で結婚し、長男(44)と芽衣を授かった。「苦労も多かったけど、子育てを経験して夫婦で成長できた。娘も結婚して子どもを育てて、平凡でもいいから幸せになってほしい」

芽衣の将来に対する心配もある。長男は2011年に結婚し自分の家庭を築いた。ずっと手元で育てた娘は精神的にも、経済的にも自立していない。

自分たちの死後、1人になって寂しい思いをするのではないか。人生の伴侶を見つけることが唯一無二の解決策だという焦りが募る。

断りが続いたせいか、最近芽衣は「婚活」「お見合い」をかけると嫌がるようになった。「親が子どもの結婚に出てくるなんておかしい」「そこまでしなくても」という批判もたびたび耳に入る。

充と良枝にも「人生は自分で切り開いた方が本人のためかもしれない」という葛藤はあるという。それでも、奥手な愛娘の幸せを願うのは「親心」だと考えている。

関連記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/