日本中が沸いた大勝負で露呈した「母性依存という問題」

勝利への執着の裏にあったもの
佐伯 順子 プロフィール

既婚、子供ありの人物が、男女を通じて人としての”勝ち組“とみられる傾向は、ウィリアムズの言動からも認識できたが、全米オープンの女子決勝試合において、アスリートとしても一個人としても、“大人”の態度を示したのは、明らかに、若く、未婚の大坂のほうであった。

家族がいる、というならば大坂も同じでことであり、ウィリアムズが娘を持ちだすのなら、大坂も、“会場には母親も来ているのに、この不当なブーイングはなんだ”と憤ることもできたはずである。

しかし大坂は、試合会場で「家族」を持ちだすことなく、自立した一個人として試合にむかい、最後まで冷静に挨拶し、謝罪と感謝を述べた。

その行動はあっぱれであり、対するウィリアムズは、公人として振る舞うべき審判の場に、私的な母親としての要素を持ちだすという致命的なミスを自ら犯したのである。

女性アスリートの結婚・出産については、男性選手に比べて両立の困難が指摘されてきたので、ウィリアムズがこの点に過敏になったのは理解できる。

 

往年の柔道の女王・谷亮子が、妊娠にあたり、北京五輪を見据えて「ママでも金」と宣言した(2005年)のも、結婚、出産と選手生活を両立させることの困難をふまえ、その壁を乗り越えようとする意欲ゆえであった。

これは当時、多くの女性アスリートにとってのエンパワメントにつながったが、逆にどんな種目であれ、男性選手が「パパでも金」と宣言しても、男性選手への激励になる効果は薄く、共感も得にくいであろう。

ことほどさように、スポーツ界においてジェンダーの非対称性が存在することは厳然たる事実である。

〔PHOTO〕gettyimages

しかし、谷選手は王座を譲るにあたって(北京では銅メダル)過剰な勝利への執着という醜態は示さなかったし、潔く世代交代を認めてこそ一流のスポーツ選手である。

先般のアジア大会で、出産後に華麗な復帰をみせた中国の双子のアーティスティック・スィミングの選手の例もあるので、女性選手ならではの「ママでも金」という”勲章“への執着があるのはわからなくもないが、仮にウィリアムズが母親という立場を誇示することなく、一人の自立した選手として潔く世代交代を受け入れたなら、選手としての晩節も汚さずにすんだであろう。

「子ゆえの闇」という日本の表現どおり、親という立場はときに、公的場面での冷静な判断を見失わせる。一方、「母は強し」という言い回しは、逆に場合によりけりであることがよくわかる。

レズビアンであることを公言している往年の名選手マルチナ・ナブラチロワが、自分もラケットを叩きつけたい思いにかられることはあったが、そのたびに「子供がみている」と自分を抑制したという発言は意義深い。

ナブラチロワとウィリアムズ、どちらがより広い意味で「子供」のことを考えているか――。「自分の子供」しか視野にいれないのではなく、大所高所から「子供全般」や社会のことを考える。

こうした観点からみる人間的成熟度や、いわゆる人徳は、ヘテロ、LGBT、子供の有無にかかわらず、あくまでも個人としての人格による。