# 少子化 # 晩婚化 # 格差

子育てに最悪なのは「超有名企業に勤めるビジネスマン」かもしれない

子どもの愛着形成にとって一番大切なこと
杉山 登志郎 プロフィール

「そうだね、一言で言えば〝安心〟だよ」

「安心というと? 誰にとっての安心ですか?」

「母親と子ども、両方さ。妊娠中から母親が安心していること、出産授乳期を通して安心して赤ちゃんに向き合えること。それから愛着を作り上げる時期、あとで愛着については深く話すけどね、赤ちゃんが親に信頼を寄せる親子関係を作るにも欠かせないキーワードが〝安心〟だ。

生まれた子どもが、0歳から3歳ぐらいの間は、子育て中の両親は、ともに働く時間を減らす。これが一番だ」

「やはり親が安心した状況で、3歳くらいまできちんと向き合うということが重要なんですね。話をまとめると、

〇男性も女性も、高齢妊娠・出産のリスクを意識すること

〇3歳くらいまでは、子ども主体で子育てする大人が必要

〇子育ての基本キーワードは「安心」

ということですね」

*****************

さて、これはあくまでも、対話形式のフィクションとしてまとめたものである。

だがそれ故に、普通のものよりも突っ込んだことを取り上げている。

読者諸賢には、児童精神科医がくつろいでいる時に、どのような与太話をするのかということを知って苦笑いしていただければ幸甚である。