2018.09.19
# 精密機器 # Apple

アップルが「機械学習」に注力するたった1つの理由

最新iPhoneが示す新しい世界戦略
西田 宗千佳 プロフィール

ファーウェイ・サムスンと、アップルの決定的違い

Neural Engineの活用はまだ始まったばかりであり、「“これ”があるから誰もがiPhoneを買う」という、決定的でわかりやすいアプリは数少ないのが実情だ。

だが、こうした機能を率先して新製品に組み込んでいくことで、アップルは、未来のスマホの差別化にとっての大きな基盤を築き上げることを狙っている。

マシンラーニングに代表されるAIの機能は現在、その多くの部分がクラウド側で実現されている。しかし、これは短期的なことで、今後は「学習はクラウドで、推論は手元の機器(端末)の中で」行われる比率が高まる、と予測されている。

「エッジコンピューティング」とよばれる考え方だ。

 

エッジコンピューティングの普及が予想されるのは、手元の機器で処理したほうが反応が速くなることに加え、ユーザーの端末内にあるセンシティブな情報をネットに送る必要が減るため、プライバシーの問題を解決しやすいからだ。

アップルは、特にプライバシー保護の観点からも、「個人の情報を使った推論は機器の中で行う」アプローチを採っている。Neural Engineのような機能を強化することは、この方針にもかなう。

アップルを除く多くのスマホメーカーは、QualcommやMediatekといった半導体メーカーからSoCを購入して、スマホを開発している。

Qualcommはもちろん、アップルに負けないSoCを開発しようと、技術とビジョンに磨きをかけている。また、ファーウェイやサムスンは、自社でSoCを設計し、それを製品の差別化要因としている。

しかし、アップルとそれらの企業のあいだには、1つの大きな違いが存在する。

それは、「その年に発売する新製品には、上から下までほぼ同じSoCを使う」ということだ。今回も、上位モデルで今月発売される「XS」と、下位モデルで10月に発売になる「XR」の両方で、同じSoCが使われている。

iPhoneは毎年、2億台近くが販売され、その大半がその年の最新モデルである。すなわち、同じSoCを搭載したiPhoneがつねに1億台程度、新たに世に出ていくということだ。

それに対し、他のメーカーはハイエンドモデルとそうでないモデルとで、SoCの種類を変えることが多い。特に、SoCが他社からの調達品である場合には、調達先の生産量(なかでもQualcommのハイエンドSoCは、全世界のメーカー間で取り合いになる)やコストの問題から、ハイエンドモデルにだけ最新・最高のSoCを使うのが一般的だ。

そして、スマートフォンの世界出荷量で見ると、ハイエンド製品は多く見積もっても市場の半分を大きく下回る。すなわち、「等質かつ高性能なSoCを市場にばらまく」という意味で、アップルは圧倒的に他社に先行しているのだ。

しかもアップルは、一度つくった製品を毎年、価格改定し、2年・3年と売り続ける戦略を採用している。今年つくったハイエンドSoCは、2年後には「型落ちだがお手軽なスマホ」のSoCになるわけだ。

3年のスパンで見ると、同じ性能のSoCがさらに大量に市場投入されることになる。

関連記事