〔PHOTO〕gettyimages

アリババ創業者ジャック・マー「引退宣言」全文を読んで分かったこと

「ボクにはもっと大きな夢がある」

世界7位の巨大企業トップが突然

先週9月10日は、中国では「教師の日」だった。一年に一度、全国の教師たちに対して、日ごろの苦労をねぎらおうという日である。

この日、30歳まで英語教師だった中国の一民営企業トップが、ホームページ上にアップした「教師の日おめでとう!:)」と題したメッセージが、「緊急速報」として、世界のトップニュースになった。日本でも、夕刻のニュースで大きく報じられた。

それは、アリババグループの馬雲(ジャック・マー)会長(54歳)が、「一年後に辞任して張勇CEO(46歳)に引き継ぐ」と発表したからだった。

アリババは、8月末日時点での企業時価総額で、世界7位の4501億ドルにつけている。中国企業としてはトップだ。ちなみに日本のトップは、トヨタ自動車の43位で、1805億ドルである。アリババは、トヨタの2.5倍もの時価総額を誇っているのだから、そのトップが「まもなく辞任」と宣言すれば、それはビッグニュースなのである。

〔PHOTO〕gettyimages

具体的に、馬雲会長がホームページ上にアップしたメッセージは、以下の通りだ。やや長文になるが、いつもの飾らない「馬雲調」で全訳してみよう。

〈 教師の日おめでとう!:)
アリババの顧客、アリババの社員、アリババの株主の皆様:
今日でアリババは19周年。ボクは高鳴る気持ちで、皆さんに宣布する:取締役会の批准を経て、一年後の今日、つまり2019年9月10日、アリババ20周年の日に、ボクはアリババグループの董事局主席(会長)を下りる。現在、アリババグループのCEOを務めている張勇(逍遥子)が、董事局主席の職を引き継ぐ。

ボクは今日から、全面的に張勇と、ボクたちの組織をうまく引き継ぐための準備を進めていく。2019年9月10日の後も、ボクは引き続き、アリババグループの取締役会のメンバーであり続ける。それは2020年度のアリババの株主総会までだ。

 

これはボクが深思熟慮し、真面目に準備してきた10年計画で、今日実現に至ったものだ。アリババのパートナーたちの同意を得られて感謝している。また、アリババの取締役会の批准に対して、あらゆるアリババの社員たちとその家族に対して、感謝している。まさにこの19年間、皆さんはボクを信頼し、支持し、共に努力し、十分な自信と能力をもってこの一日を迎えることができたのだから。このことは、アリババが個人のカリスマ性に頼る時代から、組織的な機構、人材文化の企業制度に頼る時代へと、昇級を果たしたことを示している。

1999年、皆さんと共にアリババを創業した時、ボクたちは、中国と世界に誇れる会社を作ろう、(22世紀まで)102年永続し発展する会社にしようという志を立てた。誰であろうと、102年間も会社を率い続けていくのは不可能だというのは、分かりきったことだ。会社が持続的に発展するためには、制度を整備し、文化的なシステムや尽きることのない人材の供給に頼るしかない。会社を、何人かの創業メンバーに頼るわけにはいかないのだ。ましてや、能力、気力、体力の面から見ても、いかなる人であろうと、永遠に会社のCEOや董事長(会長)の仕事を続けていくのは不可能であると、ボクはつくづく思う。

10年前に、ボクたちはこの問題を自分たちに問うた。馬雲が会社を離れた後も、アリババが依然として健全に発展していくことを、いかにして保証させるか? それにはワンパッケージの制度を作り、ワンパッケージの独特の文化を形成し、一定数の後継者たちを育成、トレーニングし、そうしたことによって企業を持続的に発展させるという難題を解決していくしかないと考えた。それでこの10年というもの、ボクたちは休むことなく努力と実践を重ねてきた。

ボクは、自分が受けた教育によって教師になったことは、ここまで自分が進んで来られたことにとって、とても幸運だった。会社の未来を担うことも自己責任であって、社内にいるさらに若くて、さらに能力と才気ある人がリーダーとなり、「天下にできない商売をなくす」(アリババの社是)という偉大な使命を引き継いでゆくのだ。

全世界の中小企業、若者、女性を助けて発展させるという、ボクたちの使命と原景は、揺らぐものではない。これはボクらの初心であり、ボクらの恩返し、責任でもある。そうした使命を信じて実現していくためには、さらに多くの馬雲が必要であり、アリババの社員はそのために奮闘してほしい。

今日のアリババが最も誇るべきは、その業務や規模、得てきた業績ではなくて、ボクたちがすでに原景の使命を果たしていく企業として駆動する組織に変わったということだ。ボクたちは新たなパートナー制度を作り、独特の文化と、良将が潮の如く出る人材のハシゴを作った。それらは会社が堅実に継承されていく基礎をなすものだ。事実、ボクが2013年にCEOの職をバトンタッチしてから、こうした制度によって5年にわたって順調に推移してきた。

ボクたちが作ったパートナー制度は、大企業のイノベーション能力の問題、トップの後継問題、未来の担当能力の問題、文化継承の問題を、創造的に解決してきた。この数年来、ボクたちは不断に、自分たちの制度と人材文化システムの研究と完備に努めてきた。単純に人や制度に頼るのは、すべて問題の解決にはならない。制度と人、文化とが完全に結合して初めて、会社は健全かつ持続的に発展していけるのだ。今日のアリババのパートナー制度とアリババが守り抜いてきた文化が、日を追うごとにますます顧客を獲得し、社員と株主の支持と擁護が得られることを、深く信じている。

1999年に創業した日から、ボクらは、未来のアリババには「良将潮の如く」溢れ出る人材集団と、代を越えて発展していく後継システムが必要だと言ってきた。今日のアリババは、言うまでもなく、人材の質・量ともに世界一流と称せるものだ。教師出身のボクに言わせると、今日の組織、リーダーたち、使命と価値観をもって駆動する独特の文化、不断に湧き上がる張勇を代表とする傑出したビジネスリーダーと専門的な人材群は、ボクが深く誇るものだ!

張勇は、アリババに入って、すでに11年になる。(2015年5月に)アリババのCEOになって以来、卓越した商才と沈着冷静なリーダーシップでもって、連続13四半期にわたりアリババの健全で持続的な成長を実現させてきた。彼はスーパー・コンピューターのようなロジックと思考能力を有していて、使命と原景を堅く信じ、勇敢に振る舞い、全力を投入し、未来のイノベーション設計による新型のビジネスモデルと業態を作り上げてきた。彼が2018年の中国最優秀CEOにトップに評されたことは、最高の栄誉だ!

彼と彼の部下たちは、すでに顧客や社員、株主たちの信頼と支持を獲得してきた。アリババの聖火は、彼と彼の部下たちに引き渡されるのであり、これはボクがいま行うべき最も正しい決定なのだと考える。この数年、張勇とともにやっていく中で、彼と彼が率いる新世代のアリババ幹部たちに、十分な信頼を置くに至った!

ボク自身のこれからについては、まだたくさんの夢を持っている。ボクが暇を持て余す人間でないことは、皆知っているでしょう。アリババのパートナーを続け、パートナー組織機構で努力し貢献していくことの他に、もう一度、教育に立ち返りたい。好きなことをやるのは、この上なく興奮と幸福をもたらすものだからだ。

もう一度言おう。世界はこんなにも大きいし、ボクはまだ若い。多くのことをやってみたいし、もしも実現したら!?

皆さんに認めてほしいのは、アリババはもともと馬雲だけのものではないが、馬雲は永遠にアリババに属するということだ。

馬雲
2018年9月10日 〉

以上である。

 

アリババがどんな会社かは、いまさら説明するまでもないだろう。杭州の英語教師だった馬雲が、1999年に妻と友人の3人で立ち上げた会社である。それがいまや、冒頭記したように、世界7位のビッグ・カンパニーかつアジア最大のインターネット通販会社に成長した。

今年5月にアリババグループが発表した2018年財政年(2017年4月~2018年3月)によれば、年間売上高は2502億元(約4.1兆円)で前年比58%増、純利益は832億元(約1.4兆円)で44%アップである。彼らが運営するスマホ決済のアリペイは、世界36ヵ国で8億7000万人が利用している。

アリババについては、9月発売の拙著『二〇二五年、日中企業格差』で、「アリババの野望」と題して、50ページ以上を割いて詳述した。2010年に私が直接、馬雲会長に話を聞いた時の内容なども網羅している。ぜひご高覧ください!

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら