〔photo〕iStock
# ポイント # 節約

ポイントの「2重」「3重」「4重取り」で、「貯まる人」になる方法

得するポイント活用の極意&テクニック

預金に「手数料」がかかる時代に突入する

普通預金金利が0.001%という時代が続いています。

10万円を1年預けても、預金金利は1円。まだ年間口座管理維持手数料を請求されないだけでもよしとしなければいけないのかも知れませんが、ここ最近は銀行が各種手数料の「改悪」を発表しています。そう遠くない時期に少額しか預け入れていない預金口座について口座管理維持の手数料が請求される時代が来るかも知れませんし、事実、大手銀行では検討に入ったという報道もあります。

〔photo〕iStock

最近では、各種サービス・商品の値上げで家計の負担も増えています。9月からは電気料金、ガス料金ともに値上げとなりましたし、スーパーなどの店頭ではパッケージ変更などで量が減る「隠れ値上げ商品」も増えています。

そんな時代だからこそ、お得に買い物をすることが家計にとって何より大切になってきます。特にやらないと絶対に「損」なのが、ポイント制度の活用です。それも、ポイントの仕組みをよく理解すれば、ポイントの「2重取り」「3重取り」、さらには「4重取り」をできるケースがたくさんあるので、これをやらない手はありません。

 

「ポイント2重取り」のやり方とテクニック

たとえば普段買い物をするお店にポイントがあれば、ポイントカードを提示をすれば100円につき1ポイントといった規定のポイントが貯まりますが、そこにさらにプラスして「電子決済」を加えることで、簡単にポイントの「2重取り」が可能となります。

「電子決済」とは、現金以外、クレジットカードや電子マネー、デビットカードで支払うこと。利用金額に応じたポイントが加算されるものがほとんどなので、買い物を「現金」でするのではなく、「電子決済」にすることでポイントがより多く貯められるわけです。

では、具体的にどれくらいのポイントが貯められるのか。クレジットカード、電子マネー、デビットカードそれぞれの使用法とポイントの特徴について押さえておきましょう。

クレジットカードについては言うまでもないでしょうが、決済から1~2ヵ月後にカード会社からまとめて請求が来て、指定日に銀行口座から引き落とされます。一括払いの他に、分割払いやリボ払い、ボーナス払いといった支払い方法が選択可。ポイント付与率は、各クレジットカード会社の規定によります。

電子マネーには、2つのタイプがあります。

まず、Suica、楽天Edy、nanaco、おさいふPontaなど、あらかじめお金をチャージ(入金)してその範囲内で利用するプリペイド型のものは、現金以外にもクレジットカードや銀行口座からチャージをすることができます。通常、楽天Edyは200円で1ポイント、nanacoは100円もしくは200円で1ポイント貯まります。

次に、PiTaPaやiD(他にプリペイド型、デビット型もある)、QUICPayといったクレジットカードと紐付けられた後払い方式のポストペイ型電子マネー。クレジットカードを紐付いている場合は、利用額に応じてカード会社のポイントが貯まる仕組みとなっています。