Photo by Getty Images

やっぱり…スマホの「ロケーション履歴」オフにしても意味がなかった

気づいてはいたけれど…
移動するときは「とりあえずグーグルマップ」という人は多いだろう。なかには「でも自分の行き先は公開したくない」と考えて位置情報記録を「オフ」にしている人もいるはずだ。

だが、その行為の意味は薄い。あなたがいくら拒否しても、グーグルはあなたの動きを記録している──。米「AP通信」のスクープをお届けする。

「訪れる場所は保存されない」を信じたら…

AndroidデバイスやiPhone上のGoogleサービスの多くでは、プライバシー設定でGoogleによるユーザー位置情報の記録を「オフ」にしていても、位置情報が記録され続けている。

これはAP通信の調査で明らかになった。

プリンストン大学のコンピューター科学の研究者らが、AP通信の求めに応じ、この調査結果を確認している。

Googleは、ユーザーの位置情報の使用許可要求については、だいたいにおいて正直だといえる。

Google Mapsなどのアプリは、位置情報をナビゲーションに使う場合、位置情報へのアクセスを許可するように促してくる。長期にわたって位置情報を記録することに同意すると、Google Mapsはその履歴を、ユーザーの日常的な移動を地図で示した「タイムライン」として表示するようになる。

 

自分の移動を分刻みで記録することには、プライバシーのリスクが伴う。そのためGoogleは、「ロケーション履歴」と呼ばれる機能を「一時停止」できるようにしている。

Googleは、この機能を一時停止すれば、ユーザーが訪れた場所を記録しなくなるとしている。同社のサポートページには、つぎのように書いてあるのだ。

「ロケーション履歴はいつでもオフにできます。ロケーション履歴をオフにすると、ユーザーが訪れる場所は保存されなくなります」(訳注:本記事の発表後、同ページは更新されている)

しかし、これは正しくない。ロケーション履歴を一時停止に設定していても、一部のGoogleアプリはタイムスタンプ付きの位置データを、ユーザーに確認せず、自動的に保存している(ただし、このデータの削除は、面倒ではあるが、可能だ)。

たとえばGoogleは、ユーザーがGoogle Mapsを開いただけで、現在地のスナップショットを保存する。Android搭載スマートフォンに自動的に表示される最新の天気情報も、ユーザーの位置を考慮している。

位置とは関係のない検索機能も、位置情報に基づいている。

グーグルアプリグーグルの便利な機能は、あなたの位置情報に関連付けられている可能性がある Photo by Getty Images

このプライバシー問題は、GoogleのAndroid OSを搭載したデバイスのユーザー約20億人と、地図や検索をGoogleに頼っている世界中の多数のiPhoneユーザーに影響する。