〔PHOTO〕iStock

哲学者がAI失業論を喝破「AIではなく経営者が雇用を奪う」

多くの人が誤解していること
「人工知能が人間の仕事を奪う」は本当か? 根本的な対立は「人間 vs 人工知能」ではない? 多くの人が誤解していることとは? 『人工知能に哲学を教えたら』著者の岡本裕一朗氏が問う。

「人間 vs 人工知能」の構図にだまされるな

「人工知能が進化するにつれて、人間の仕事が奪われるのではないか」

こんな不安の声を、しばしば耳にします。

2013年にオックスフォード大学の研究者たちが、注目すべきレポートを提出しました。それによると、「将来のコンピュータ化によって、(中略)アメリカの全雇用のおよそ47%にきわめて高い(失業の)リスクがある」とされたのです。

この予測を聞きつけ、日本でも「人工知能が人間の仕事を奪う!」と扇動されたように見えます。ここでは、この主張を「人工知能失業論」と呼んでおくことにしましょう。

こうした主張それ自体は、2013年に初めて登場したわけではありません。

 

マーティン・フォードの2009年の書物は、2015年に日本で翻訳されたとき、『テクノロジーが雇用の75%を奪う』というタイトルになりました。

デジタルテクノロジーによって、従来型の職種が整理されていくことは、社会的なコンセンサスになっていると言えます。

しかし、ここで問題なのは、「人工知能失業論」が、あたかも人類の大部分が失業し、生活できなくなるかのように語っていることです。しかも「人工知能」が「人間」を失業に追い込む、といった対立図式を提示するのです。

はたして、このような議論はどこまで信用できるのでしょうか。

〔PHOTO〕iStock

75%の従業員が消えたなら まず、「人工知能失業論」の状況認識から始めましょう。ここでは「失業率75%」を唱えるフォードの記述を確認しておきます。

彼によれば、「現在人間が携わる仕事は、ある日、機械によるオートメーション化でそのかなりの部分が排除される」とされ、二つの理由が指摘されています。

①工場や小売店、事務所や倉庫など労働者によって維持されている定型業務が、機械やロボットによってどんどん奪われていく。 ②機械によるセルフサービスへの移行という現在のトレンドが、今後ますます加速されていく。

こうした流れは、とくに異を唱えるほどではありません。じっさい、人間の定型業務が機械やロボットに代わったり、セルフサービスが加速化されたりしているのは、私たちも日々目撃しています。

ただし、それが75%の失業につながるかどうかは疑問です。この数字の根拠じたい問題ですが、今はそれを問いません。

むしろ、根本的な問題は、75%の失業者が排出される社会が、そもそも社会として成り立つのか、という疑問です。

それを考えるために、「失業率75%の社会」を思考実験で想定してみましょう。

働く人がほとんどいない社会

生産、流通、消費といった経済活動の大半の部門で、人工知能やロボットが導入され、従業員がほとんど不要になってしまった。

従来働いていた人々は解雇され、失業することになる。統計を取ってみると、労働者のなんと75%の人々が失業者となり、日々の仕事がなくなってしまった。

このような社会で、あなたは生活したいと思いますか。

それとも、今まで通り、人間が仕事に従事する社会を望みますか。