photo by iStock
# シリコンバレー # 人工知能

いまシリコンバレーで「AI(人工知能)×行動経済学」が最強なワケ

日本企業のAI活用が失敗するのも納得

初めまして。シリコンバレーを拠点に最先端のAI技術と戦略を日本企業に導入するパ
ロアルトインサイトでCEO・AIビジネスデザイナーをしている石角友愛です。普段は
業界横断的にAIで解決できる問題を定義して、AI開発と導入を支援する仕事をしてい
ます。

モチベーションと「レゴの実験」でわかること

会社経営をする立場にいるものとして、またクライアントに価値を提供する立場として、そして親として、私は常日頃、人のモチベーションについて考えています。

モチベーションとは、人を動かす原動力になるもので、多くの場合人が何か意思決定をする際の目的意識の基盤になっています。会社、学校、家庭などあらゆる関係性構築と自分が望む結果を手に入れるために理解しなければいけないメカニズムの一つです。

モチベーションの研究は行動経済学や認知心理学などで科学的に研究されています。例えば私が住むアメリカで有名な研究者に、デューク大学の心理学教授であるダン・アリエリー教授がいます。ダン教授の有名な研究にレゴブロックとモチベーションの研究があります。

photo by gettyimages

グループ1には、レゴブロックを与えて、好きなものを作ってもらいます。作ったレゴ一つにつき、3ドルもらえます。完成品はそのまま机の上に置かれたまま、全ての実験終了時にまとめて解体すると伝えられます。作るごとに与えられる報酬額は下がり2.5ドル、2ドルという具合になっていき、グループ1の人が何個レゴを作るか見るというものです。

グループ2は全く同じ条件ですが一つ違うのが、作ったレゴを目の前で解体され、解体したレゴピースで次のレゴを作る、というプロセスを与えられました。

 

その結果、グループ1は平均で11個ほどのレゴを完成させたのに比べ、グループ2は約半数の7個ほどしか完成させませんでした

また、各グループ内の「レゴ好きな人」と「レゴ好きな人が完成させた数」の相関性を見てみると、グループ1ではレゴが好きな人ほど完成させる数も多かったという正の相関性が見られたのに比べ、グループ2では全く相関性が見られなかったと言うのです。

さて、このレゴ実験から分かることは何でしょうか。