# 貯蓄 # 節約

電車かタクシーか、本当におトクなのはどっち…「正解」は意外だった

「時間のコスト」を意識しよう

「時間を短縮できるもの」を買う

時間を短縮できるものにお金を使うことは、非常に有効です。

Photo by iStock

たとえば、急いでいるときはタクシーを使う、できるだけ勤務先の近くに住む。特に通勤は毎日のことですから、できるだけ短縮するに越したことはありません。
 
共働きの家庭なら、食洗機やロボット掃除機、洗濯乾燥機などを積極的に活用する。毎日の家事はできるだけ楽にしたほうが、家族とゆっくり過ごす時間をとることができます。

私は、ゴルフは好きではありません。なぜなら、プレー時間のほかにも移動時間がかなりかかり、コースに出れば一日つぶれてしまうからです。
 
さらにスクールに通ったり、打ちっ放しで練習したりで、時間だけでなくお金もかかります。これほど拘束時間が長く、費用対効果の悪いスポーツはありません。

 

そのようなわけで、拘束時間の長さに閉口し、いまではやめてしまいました。

また、私はiPad、iPhone、MacBook Pro、Apple Watch などのアップル社製品を何台も所有しています。

もともとデジタル機器が好きだというのもありますが、これらは時間を短縮できるアイテムだからです。デバイス同士での連携や同期が非常に便利で、クラウドサービスを利用すればどこにいても仕事ができます。

いまだに古いパソコンを使っている人がいます。悪いとはいいませんが、起動に時間がかかったり、なかなか接続できなかったり、フリーズしたりと、時間のロスが多いのです。
 
最新の情報機器は、時間の節約につながります。