寄生虫すごいぜ! 想像を超える見事な生存・繁殖戦略

「ずるいヤツら」なんて思っていない?
大谷 智通 プロフィール

槍形吸虫──毎夜アリが金縛りに!?

槍形吸虫という寄生虫のライフサイクルは、ウシのふんに混じった卵をカタツムリが食べるところからスタートする。幼虫に寄生されたカタツムリがはった跡には、「粘球」というボールに包まれた大量の幼虫が残される。その後、幼虫はこのボールを食べたアリの体に移動する。

アリに寄生した槍形吸虫の幼虫は、この2番目の宿主を毎夜奇妙な行動に駆り立てる。夜になり気温が下がると、アリは草に登って葉にかみついたまま動きを止めるようになるのだ。

葉の上でじっとしているアリは、ヒツジやウシなど早朝に草を食べる草食動物に葉ごと食べられてしまう。こうして槍形吸虫の幼虫は最終目的地である草食動物の体内への移動を完了する。

運よく草食動物に食べられずに済んだアリは、太陽が昇り気温が上がってくると、顎を開けて葉から地面に降りる。ところが、日が暮れると再び草に登り、葉にかみついて動きを止める。槍形吸虫は自らが草食動物の体へ到達するまで、宿主のアリにこの「自殺行為」を繰り返させるのである。

【図】槍形吸虫の生活環
  槍形吸虫の生活環。カタツムリが第1中間宿主、アリは第2中間宿主、草食動物が終宿主となる 写真:gettyimages イラスト:ブルーバックス編集部

ニールセンクモヒメバチ──クモは専属大工さん!?

クモは獲物の捕獲や移動、防御など目的ごとに糸を使い分けるが、クモを操りその糸で「シェルター」をつくらせる寄生虫がいる。ニールセンクモヒメバチという体長7~8ミリほどの寄生バチは、宿主のギンメッキゴミグモを操ってこの糸を利用する。

卵からふ化した寄生バチの幼虫は宿主の体液を吸って成長するが、サナギになる前にクモの神経を何らかの方法で操作し、風雨などに耐えられる丈夫な網をつくらせる(この網を「操作網」という)。操作網は、クモが脱皮や産卵の前に張る「休息網」がベースになっているが、クモ本来の休息網よりもずっと強い。

サナギを守る網が完成すると、幼虫は宿主の体液を吸い尽くして殺してしまい、網の中で繭をつくってサナギとなる。

【イラスト】ニールセンクモヒメバチの幼虫
  ニールセンクモヒメバチの幼虫は宿主を操り、さなぎがぶら下がるのに適した丈夫な網をつくらせる イラストレーション:佐藤大介

ハリガネムシ──カマキリを水に飛び込ませる!?

道路で車にひきつぶされたカマキリの体から、10センチほどのニョロニョロとした虫が飛び出ているのを見たことがないだろうか。これはハリガネムシ(ニホンザラハリガネムシ)という寄生虫で、キューティクルで覆われた体はまさに「針金」のように硬い。

【写真】ハリガネムシ(ニホンハリガネムシ)
  ニホンザラハリガネムシは、体長10~40cmほどで、カマキリを宿主とする イラストレーション:佐藤大介

水中で卵から生まれたハリガネムシの幼虫は、まずカゲロウやユスリカなどの水生昆虫の体内に入って休眠し、それらの宿主が翅を持った成虫になって飛び立つときに一緒に陸にあがる。

休眠状態のハリガネムシを抱えたこれらの虫たちが、陸上でカマキリに捕食されると、ハリガネムシはその体内で目覚めて寄生生活を開始する。

ハリガネムシに寄生されたカマキリは不規則な動きをするようになり、やがて、川の水面でキラキラと反射する光を見ると、溺れ死ぬ危険を顧みず水の中に飛び込んでしまう。

すると、ハリガネムシはカマキリの体内から飛び出し、水中で交尾と産卵にいそしむのである。