Photo by iStock
# 働き方

人事評価で「上位5%」に入った人たちの働き方「驚きの共通点」

重視しているのはシンプルなことだった

大小合わせて526社の働き方改革を支援している、株式会社クロスリバーの越川氏。今回は、各社の「成績上位5%社員」の働き方を分析し、その共通点を抽出する。

上位5%の人たちは何を考えているのか

連載の第一回でも述べた通り、私は「週休3日、週30時間」というワークスタイルを実践しています。その狙いは単に「週休3日を実現すること」でも「労働時間を短くすること」ではありません。従来と同じ働き方で労働時間を短縮したのでは、ただ成果が落ちてしまうだけです。これでは意味がありません。

時間と場所に縛られない働き方をしながら、より高い成果を出すためには、仕事の仕方そのものを見直す必要があります。そして、時間と健康を気にせずに、働きたいだけ働いて成果を残すという古めかしいワークスタイルは、もう許されません。働く時間あたりの成果を上げ、長期的に収入を上げていくことを目指します。

弊社では、これまでに526社に対して「働き方改革の支援」を行ってきましたが、その過程で「それぞれの会社において顕著な成果を出した人が、どのような行動・働き方をしているか」について調査をしてきました。顕著な成果を出した人は、優れた働き方を実践しており、そこに一般化できる要素があるはずだ、と考えたからです。

そこで、各社にご協力いただき、人事評価で上位5%に入っている方々の働き方をリサーチさせていただきました。

 

各クライアント企業の人事評価で上位5%を獲得する人たちは、もれなく著しい成果を出した各社のエースです。この、「5%社員」の一部の方に対して、デスクに定点カメラを設置したり、ICレコーダーやセンサーを装着してもらったり、クラウドサービスや対面ヒアリングなどを通じて行動を記録します。

それらデータをAIと専門家によって分析してもらい、一日の仕事のなかでどんな行動をしているか、どんな会話をしているか、を抽出しました(ちなみに彼らにはいつもどおりの行動をお願いして、情報を収集しました)。

その結果、顕著な成果を出す人に共通する「働き方」がわかってきました。今回は、この「5%社員」の働き方についてお話したいと思います。

【イベント告知:「ヤメコー~大手広告代理店を辞めた若者たちはどこへ行くのか」9月26日開催

「レスポンスの速さ」「無駄のなさ」

大きな特徴のひとつめは、「レスポンスの速さと無駄のなさ」でした。とにかく、社内外から送られてくるメールやメッセージに、素早く反応していたのです。

相手を待たせれば待たせるほど、その仕事の進捗は遅くなります。また、相手を待たせると、その分、相手の返信も遅くなります。

Photo by iStock

皆さんも経験があると思いますが、金曜日の夜、あと一本相手からの電話やメールが来れば仕事が終わるのに、なかなかそのメールが来ないという状況を思い浮かべてください。

「あいつ、何やってんだよ…!」と苛立つでしょうが、よく考えてみると、それは、あなたの最初の返信・反応が遅かったことに原因があるのかもしれません。相手からの依頼や確認に即応していれば、それだけ仕事の進むスピードが速くなり、効率化が進むのです。

「即応」を実践するために、彼らはメールの送り方にも工夫をしていました。

特に注目すべきは、メールの文字数です。私どもが調査した結果では、「5%社員」が送るメールは極めてシンプルなものでした。

これは我々がAIを使って行った分析でも明らかになっているのですが、実際、メールの本文が105文字を越えると一気に既読率(相手に読まれる可能性)が下がります。とりわけ役職が上の人ほど、丁寧さよりも要件が明瞭に伝わるコンパクトさを重視することもわかっています。

いかに、少ない労力で相手を確実に動かすか。「暑い日が続いておりますが」や、「先日の会合では大変いい時間を過ごすことができました」、なんて冗長な表現は、5%社員のメールにはほとんどみられません。社内メールなら、「お疲れ様です」のひと言もない。

ここまで簡略化されると、「ドライだ」」「失礼だ」という人も出て来るかもしれませんが、実は、「そう思われないこと」にこそ、彼ら上位5%の秘密があります。彼らは日ごろから、重要なメールを送る相手(上司や取引先)と密なコミュニケーションを取っており、メールに「お疲れ様です。」のひと言がないぐらいでは、どうこう言われるような関係にはとどまっていないのです。

5%社員のメールは非常にコンパクトでありながら、受け取る側に冷たい印象も与えない。メールの文章が短いと言うことは、打つ時間も短くてすむため、他の仕事に費やす時間に充てられる。相手からの反応も早いので、すべての仕事を迅速に回すことができるのです。