Photo by gettyimages

新生・サッカー日本代表に必要となるのは「オッサンの力」だ

単純な「若返り」に潜む落とし穴

日本の選手は「晩成型」が多い

きょう9月11日、森保一監督就任で新体制となった日本サッカー代表が、中米コスタリカ戦で船出する。6日未明に起きた北海道胆振東部地震で、札幌ドームで行われる予定だった7日のチリ戦は中止。その戦い方が注目される。

選出されたメンバーに関しては、"順当"というのが率直なところか。W杯出場メンバー、海外組はかなり厳しい日程を戦っており、今回は外れている。中島翔哉、堂安律のように、ロシアW杯のときに代表待望論が出ていた選手が入った。サンフレッチェ広島時代、森保監督が指導した経験のある選手が選ばれるのも想定内だ。

その点、外国人監督が見せるような意外性は乏しかった。

一つ顕著なのは、若返りだろう。ロシアW杯を戦った西野ジャパンと比較すると、平均年齢が28.3才から25.3才に下がっている。

「オッサンJAPAN」

そう揶揄されていたロシアW杯日本代表からは、リニューアルした格好だ。

4年後を考えると、現状維持ではとても戦えない。若い選手の台頭を促すのは急務なのだろう。しかし、ここで指摘しておきたいのは、単純な若返りは強化につながらない、ということだ。

 

日本人サッカー選手には、少なからず晩成型の傾向がある。

世界ではリオネル・メッシ、クリスティアーノ・ロナウドなどが10代で頭角を現している。日本でも過去、中田英寿や小野伸二のように20歳前後でトップリーグでの経験を積み重ね、海外でも縦横の活躍を遂げる天才的選手はいた。ルーキーは無限の才能を持っているものだ。若い才能を引き上げる必要性もあるだろう。

中田、小野が招集された2002年日韓W杯の日本代表(Photo by gettyimages)

しかし、いち早く才能が熟する選手もいれば、時間をかけて成長を遂げる選手もいる。

「30代に入ったら落ち目。スピードが確実に落ちる。とくにFWは」

日本サッカー界では、未だにそういった声が根強い。まるで年齢制限でもあるかのように。だがはたして、それはあるべき姿なのだろうか?