ゲノム解析でわかった我々と絶滅人類との深い関係

7万年前、地上には5種類の人類がいた
更科 功 プロフィール

出アフリカ説は修正される?

ゴースト人類デニソワ人が交配したのは、アフリカの外のはずだ。したがって、ゴースト人類出アフリカをしなければならない。時代的には、第1回目と第2回目の出アフリカのあいだになる。つまり出アフリカは、少なくとも4回起こったことになる。ゴースト集団を仮定すると、出アフリカが1回増えてしまうのだ。

科学においては、仮説はシンプルなものが好まれる。もちろん、シンプルな仮説が必ず正しいというわけではない。でも、シンプルな仮説が正しい場合が多いので、よりシンプルな仮説があるなら検討しなければならない。

今の場合、ゴースト集団を仮定しても、アフリカからの出入りを3回に抑えられる仮説がある。それは、ゴースト集団4種の共通祖先も、最初に出アフリカをしたホモ・エレクトゥスの子孫だとする仮説である。

ただし、現生人類(ヒト)がアフリカで進化したことは、遺伝学と化石の証拠から、ほぼ確実だ。そこで、出アフリカをした4種の共通祖先の一部がアフリカに戻り、ヒトに進化したと考えればよい。その後、ヒト出アフリカをしても、アフリカからの出入りは3回で済む。

  アフリカ出入り3回説:(1)旧人類の祖先がアフリカを出る→(2)ゴースト集団、デニソワ人、アウストラロデニソワ人、ネアンデールタール人、ヒトの祖先がわかれる→(3)ヒト祖先の一部がアフリカに戻って、(4)ヒトに進化する→(5)進化したヒトがアフリカを出る

この説が正しければ、ヒトの祖先はずっとアフリカに住んでいたのではなく、出アフリカしてユーラシアに住んでいたことになる。その後、ユーラシアからアフリカに戻った一部の人類が、ヒトの祖先になったというわけだ。

じつは、このような説は、以前からあったのだが、支持する人は少数だった。しかし、ゲノムデータは今のところ、この説に有利な結果を出している。まだ確定的ではないが、もしかしたら、進化の中心はずっとアフリカだったという常識は、修正されるかもしれない。

ほんの一部だけ、この本の内容を紹介したが、それでもゲノム分析のパワーを感じることができたのではないかと思う。化石による証拠がまったくないゴースト人類さえ、見つけることができるのだ。今までのような、DNAの一部による研究が子供の遊びに思えるほど、圧倒的な情報量をゲノムは持っている。

その分析結果は、人類の進化の表層を修正するだけではない。新たなゴースト人類を突きとめたり、出アフリカ説を修正したりするのは、人類進化の根幹に関わる研究成果である。

この本は12章から成っているが、ここで紹介した内容は、その中の1章にも満たない。ゲノムのように情報が満載の好著である。

本記事でご紹介の書籍

交雑する人類
古代DNAが解き明かす新サピエンス史

【書影】交雑する人類

デイヴィッド・ライク著
日向やよい訳

  Amazonはこちら   

世界におけるヒト古代DNAの半数以上を解析・発表してきたパイオニアが、初めて最新の成果をダイナミックに提示し、“新サピエンス史" の幕開けを告げる記念碑的名著。