# 節約 # 貯蓄 # FP

クレジットカード、銀行口座、ATM…「頭のいい人」はこう使う

FPが教える「お金が貯まる習慣」
新屋 真摘 プロフィール

クレジットカードは「諸刃の剣」

クレジットカードや電子マネーなど、現金以外の決裁方法はすっかり生活の中に定着してきました。特にクレジットカードは、保険料や税金の支払いなど、使える場面がますます増え、ネットショッピングの利用増加とも相まって、生活の必需品といってもよいほどの存在になりました。

Photo by iStock

日常の支払いはできるだけカード払いにして、ポイントを貯めている人も多いですね。

言いえて妙だと思ったのですが、「預金の金利がほとんど付かないので、カードのポイントが利息代わりです」という人もいるくらいです。

統計を取った訳ではありませんが、お金を貯めるのがうまい人は、ポイントも意識して貯めている人が多いように感じます。それだけお金に対する関心が高いということなのでしょう。

クレジットカードの利点は他にもあります。

百貨店や専門店、ショッピングモールでの買い物は、提携のカードを使えば、数%の割引を受けられることもありますし、カードの明細として記録が残るのも便利です。

カードの使用情報を家計簿アプリに直接取り込むことができるので、家計簿をつける手間も省略できます。

 

そうしたたくさんのメリットがあることは十分わかった上で、お金を貯めるのが苦手という人には、クレジットカードを多用することはおすすめしていません。

その理由は、手元にお金がなくても買い物ができてしまうので、支出にブレーキが掛かりにくく、結果的に使いすぎてしまうからです。

しかも、買い物時とお金が引き落とされる時期にタイムラグがあるので、家計管理上も上級者向きと言えます。

以前、「貯蓄するのは苦手だけど、ポイントを貯めたいのでどうしてもカード払いを増やしたい」というご相談に、カードで使う金額を決めておくようアドバイスしたことがありました。

「公共料金や保険料などの定期的な請求以外でカードを使うのは、毎月3万円まで」というように上限を決めておき、使うたびにそこから引き算して、今月はあといくら使えるかがわかるようにしておきます。

月によって使用金額にムラがあるでしょうから、月末に残った分は翌月に繰越、足りなければ翌月から借りてくるようにして、ならせば3万円以内におさめるようにします。

ちょっと細かいようですが、そのくらい意識しないとつい使いすぎてしまうのが、カード払いのデメリットなのです。

また、いつの間にか枚数が増えてしまいがちですが、管理の手間を考えると2枚を基本とするよいでしょう。