# 預金 # 投資信託

「大金持ち」が絶対に「タンス預金」をやらない理由

ファンドマネジャーは知っている
藤野 英人 プロフィール

「1万円札」がそんなに大事ですか?

みなさんは、現金1万円の原価をご存じでしょうか? 

実は、あの紙1枚は1円以下です。仮想通貨について「あれはコンピュータ上のプログラムでしかない、価値がないものだから信用できない」という人がいますが、その理屈でいえば1万円札にだって物としての価値はないわけです。

 

また、現金というのはいつ誰が触ったかわからず、どう考えても「きれいなもの」とは言えません。薄汚れているお札だってめずらしくないでしょう。

ところが不思議なことに、潔癖な人でもお札に触るのは平気です。手元に置きたがり、それこそツボやタンスに大事にしまったりします。これは、1万円札を「1万円の価値がある貴いもの」と思っているからです。

しまい込まれて使われないお金はただの汚れた紙であり、活用されない限り価値はありません。こうして冷静に考えてみると、「お金を大事にしまい込む」という行動にも疑問がわいてくるのではないでしょうか。

photo by iStock

では、お金をきちんと活用するにはどうすればいいのか――その方法の1つが、「投資」です。

たとえば企業の株式を買えば、投資されたお金は企業の成長のために活用されます。企業が成長すれば投資した人はその果実を得ることができますし、企業活動は社会全体を豊かにするのです。

そもそも長者番付に載るような世界の「大金持ち」と呼ばれる人たちは「現金」を持っていません。「現金」を持っていてもお金は働かないからです。本物のお金持ちになりたかったら、現金を貯めずに成長する会社や不動産に投資するしかありません。

そして日本人みんなが消費や投資をすることが社会を活性化し、日本経済を強くし、世界的な競争力を高めて日本の未来を明るくすることにつながるのです。

ツボやタンスの中にお金を寝かせている場合ではありません。