副収入をつくるために、ネットでできる「あんな手段、こんな手段」

ほぼ、リスクなし…?
立松 直文 プロフィール

SNS関連ツール

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)というものは元々、ものを買ったりすることが目的ではなくて、交流がメインで生まれてきたものなので、無理矢理セールスをしても嫌われて終わってしまいます。

SNSの特長は、自分の発信する情報に価値を感じた人が、シェアをしてくれたり、いいね!をしてくれたり、コメントのやりとりをすることを通じて、親近感を得てくれることです。また、関係性が、友達の友達だったりするため、警戒心も薄れやすい。

もう一つの特長としては、世の中の様々な興味関心、趣味嗜好を持った人の中から、自分のビジネスのターゲットになる人たちを、抽出することができます。簡単に言うと、自分の事業の見込み客リストを作れるということですね。

 

今の世の中、個人情報に関する法律も厳しくなって、リストの売買などはご法度です。ヘタをすれば高額の罰金を課せられ、逮捕される危険性だってあります。SNSはうまく使えばこういったリスクをとらずにお客さん候補の情報を合法的に集めることができるツールになります。

集める方法はとてもシンプルで、対象になる人達が今どんな「人」「モノ」「イベント」等に興味や関心があるのか調べ、その「人」「モノ」「イベント」をフォローしたり友達になったりしている人たちのアカウントを集めていけばOKです。

Twitterでは、「SocialDog」というサービスが無料で利用可能で、ある程度自動化できます。このツールを使うと、設定しておいたキーワードでつぶやきがあった場合に、メールなどで通知してくれるので、すぐに対象のユーザーを見つけることができます。

また、インスタグラムは、写真を共有するサービスとして知られていますが、普通に投稿するのではなく、「ストーリーズ」(タイムラインとは別に、写真や動画の投稿、ライブ配信がおこなえる機能で、24時間以内に自動的に削除される)を使うと、簡単に多数の反応が得られます。

このようには、SNSに標準でついているツール、無料で利用できるツールをうまく使いながら、お客さん予備軍の発掘をすることができます。

自分で作った動画をアップしてYouTuberになってしまう!というのも一つの手です。
多くの注目が集められれば、その後自分のECサイトへ誘導して商品を買ってもらったり、ホームページやブログに誘導してアフィリエイト広告をクリックしてもらったり、とにかく誘導する際のアクセスが多くなれば、収益も期待できるようになります。

動画は多少素人臭くても構いません、大切なのは、動画で見せたい内容ですね。手っ取り早く注目を集めるには、話題になっていること、人気がでているものについて実況をする動画を作るのがおすすめです。

YouTubeはスマホ向けのアプリがあって、それだけでも十分なクオリティの動画作れたりするのですが、いろいろ使いやすいアプリが出ているので、使いやすいものを選んでもらってもいいと思います。

なかでも使いやすく、評判がいいのは、この2つ。

「Video Show」
「In Shot」

iPhoneとAndroidどちらでもインストールして使うことができます。

ほぼリスクなし

まとめサイトは情報をひとまとめに見やすく整理して、アクセスしてきたユーザーに情報を提供するためのサイトです。代表的なのは、「Naverまとめ」ですが、ツイッターの情報をまとめた「Togetter」も似た部類のものになりますね。

こちらもアクセスアップに使うことができますが、2016年の末に医療系まとめサイトのWELQで問題になったように、情報の真偽には気をつけなければいけません!

ざっと紹介してきましたが、これらのツールでご存知のものはありましたか?
どれも少ない費用か、無料で使えるものばかりなので、ほぼリスクはありません!
素晴らしき副業ライフ実現のために、まずは第一歩を試してみて下さいね!